秋山恭平の球速や球種は?出身中学や戦歴にドラフト進路・評価は?

2020年の野球注目選手を紹介したいと思います。

今回、紹介する選手は広島新庄の秋山恭平投手です。

中学校時代には、U-15日本代表メンバーにも選出された注目左腕です。

今回はそんな広島新庄・秋山恭平の球速や球種、過去の戦歴やドラフト進路・評価についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

秋山恭平の球速や球種は?特徴も

球速

秋山投手の球速はMAX137キロ(2020年2月現在)

ノーワインドアップから繰り出されるストレートは球速表示以上に速さを感じます。

球の出所もかなり見辛く、左右に関係なく相手バッターがかなり打ちづらそうにしているのがわかります。

球種

秋山選手の球種は

・スライダー
・カーブ
・チェンジアップ

どの変化球も精度が高く、内角外角にしっかりとコントロールできています。

本人は

「チェンジアップに一番自身がある」

との事ですが、スライダーやカーブもかなり強力な武器です。

特徴

打者の左右によってコースを使い分ける制球力の高さに、厳しく内角を突く投球もできています。

投球テンポも早く、打者に考える余裕を与えません。

簡単に秋山選手についてまとめると、

秋山選手はこんな選手!

・球速表示以上に速さを感じるストレート
・変化球の精度が高い
・変幻自在にコースに投げられる制球力
・早い投球テンポ
スポンサーリンク

秋山恭平の出身中学やこれまで戦歴

秋山選手の出身中学は、久留米市立明星中学校です。

所属していたのは、硬式野球フレッシュリーグである筑後サザンホークスに所属していました。

中学卒業後、福岡を出て、広島新庄高校に進学しました。

巨人の田口麗斗選手や日ハムの堀瑞樹選手の出身高校である、広島新庄高校。

秋山選手も含め、彼らの特徴は
「身長が大きくない左腕」

秋山選手も身長170cmと大柄ではありませんが、強打者を次々と打ち取るピッチングは本当に圧巻です。

そんな秋山選手の戦歴について紹介します。

秋山選手の戦歴

2019年秋季中国大会

  対戦チーム スコア 投球回 被安打 奪三振 与四死球 自責点
1回戦 八頭 ○3-1 9 4 12 3 1
準々決勝 高川学園 ○5-4 9 10 3 0 4
準決勝 倉敷商業 ●4-7 11 10 4 5 6
2019秋季中国大会通算 29回 被安打24 奪三振19 与四死球8 自責点11 防御率3.41

秋季中国大会では全3試合全て完投と監督からの信頼度の高さが伺えます。

1回戦の八頭戦では12奪三振と圧巻のピッチングですが、準々決勝の高川学園戦では9回に集中打を浴び4失点するなど体力強化が今後の課題です。

また、新チーム結成以降の公式戦の成績をまとめたものが下記表になります。

試合数 完投 完封 投球回数 被安打 奪三振 与四死球 失点 自責点 防御率
10 4 1 63 1/3 54 56 19 28 23 3.27

 

与四死球率2.700とコントロールの良さがデータでみても分かります。

奪三振率は7.958で三振を奪う能力も高そうです。

スポンサーリンク

秋山恭平のドラフト進路や評価は?

管理人

秋山選手の進路・将来が楽しみ!!

2020年現在まだ秋山投手に対してのスカウトコメントは残念ながらないようです。

しかし、U-15日本代表メンバーだったこともあり注目度は高そうです。

そんな秋山投手について個人的に評価したいと思います。

秋山恭平の個人的評価!

秋山投手はなんと言っても変化球の精度が抜群に高いです。

動画で見ていても、キレのある変化球を内角外角に丁寧にコースを突いている印象を受けました。

ストレートも球速表示以上に速さを感じますし、まだ2年生ということも踏まえると今後さらに球速が伸びてきそうです。

まだまだ発展途上で伸びしろもありそうなので、将来的に2021年度の大会では世代No.1投手と呼ばれているかもしれません。

先ほど紹介したように、田口麗斗投手や堀瑞輝投手を輩出した広島新庄。

サウスポーの育成がうまいと評判の広島新庄で秋山投手も先輩たちと肩を並べるような投手になれるのではないかと期待しています!

秋山恭平のプロフィール

秋山選手のプロフィール

読み方:あきやま きょうへい
生年月日:2003年5月15日
出身地:福岡県
身長:170cm
体重:65kg
投打:左投左打
ポジション:投手
経歴:久留米市立明星中学校(フレッシュ・筑後サザンホークス)→広島新庄

まとめ

今回は広島新庄の秋山恭平投手についてまとめてみました。

U-15日本代表での実績もさることながら、まだまだ伸びしろを感じさせてくれる投手でした。

ストレートの球速が伸びてくれば、2021年度のドラフトの目玉になりえる存在です。

まずは甲子園デビューとなる1戦でどんなピッチングを見せてくれるかに期待したいと思います!

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください