いわゆるが口癖なら?そういうことが口癖はかっこいい?カッコいい口癖、そういうことか、いわゆるが口癖の心理

 

「いわゆる」という口癖はかっこいいのでしょうか。

他にも「そういうこと」「そういうことか」等が

口癖の人もいます。

 

こうした口癖はかっこいいのか、また、口癖にして

いる人の心理を紹介します。

 

「いわゆる」が口癖の心理!そういうこと、そういうことか、そういうことですねが口癖の人

 

いわゆるを口癖にする人は理屈っぽいタイプで、

その心理は自分が話の中心になりたい、

会話を仕切りたいというものです。

 

リーダー的な役割を好み、プライドが高い傾向にあります。

話をさえぎられたり、否定されたりすると不愉快に感じがち

です。

部下や後輩などにいると少し面倒なタイプですね。

 

このタイプの人と話す時は、最後までしっかりと話を聞き、

まずは賛同の意を示すようにすると信頼を得ることが

できます。

 

そういうこと、そういうことか、そういうことですね

等が口癖の場合は、どういう経緯でその口癖を使うよう

になったかでタイプが異なります。

 

ひとつめはプライドが高くて分からないことを素直に

聞き返せないタイプです。

分からないことがあっても分かったようなふりを

する時にこの口癖が出ます。

 

ふたつめは相手に無関心なタイプです。

とりあえず相手の話に相槌を打つ時に口癖が出ます。

 

他に、素直な性格で相手の言ったことにすぐ納得して

しまうような人も、すぐに「そういうことか」と

言いがちです。

 

このタイプの場合は相手の話をきちんと聞いていると

言えます。

似たような口癖としては「そうなんだ」「なるほど」

などがあります。

 

カッコいい口癖と性格!かっこいいのは

電話する男性

 

それでは、カッコいい口癖はどんなものでしょうか。

口癖はその人の性格が表れますが、他人からうつることも

あります。

 

最近の流行では、2chの創始者でコメンテーターとして

活躍しているひろゆきの口癖「なんだろう」などを

真似している人も多いのではないでしょうか。

 

また、口癖には心理が表れるので、その人の性格を

知る手がかりにもなります。

 

人間関係を円滑にするには「ありがとう」を口癖に

するとお得です。

 

誰しも感謝された相手には敵意を持ちにくいものですし、

前向きな印象が付くので自然と人と仲良くなれたり、

頼られたりします。

 

「大丈夫」「なんとかなる」などは、落ち込んだ時や

疲れている時などに言うようにすると気持ちを

切り替えられます。

 

周囲の雰囲気が後ろ向きになってる時にこうした言葉を

言えれば、前向きな姿勢がかっこいいと思われるかも

しれません。

 

ただし、こちらの口癖は普段から連発すると悪い意味で

適当な奴と思われかねないので、注意が必要です。

 

また、口癖によって人を不快にさせてしまうことも

あるので注意が必要です。

いわゆると似た口癖の例として、「要するに」「要は」

文をつなげる人がいますが、これはけっこう不評です。

 

「要するに」の後が本当にそれまでの話を簡潔に

要約した内容になっていれば問題ないのですが、

口癖になってしまっている人はこれを単なる

接続詞のように使っていて、その後もだらだらと

話が続く場合が多いです。

 

こうなると全然「要するに」じゃない・・・と

周りの人がうんざりしてしまいます。

「つまり」「逆に言うと」「そもそも」なども同じことが

あてはまるので多用しない方が良いでしょう。

 

「いわゆる」も本来は「世の中で言われている言葉でいうと」と

いう意味で、前の内容を言い換える連体詞なので、直後に長い文を

つなげたり、前の文の内容を受けていなかったりすると、

全然「いわゆる」ではないということになってしまいます。

 

口癖として連発すると違和感を覚える人もいるかもしれないので、

ほどほどにしましょう。

 

他に、「なるほど」「とりあえず」はいい加減な印象、

「なんか」「まあ」は曖昧で責任感がないような印象に

なるので、口癖にするのはやめておいた方が良いでしょう。

 

いわゆるという口癖について

ミーティング

 

いわゆるが口癖の人はリーダーシップを取りたい、

プライドが高いタイプです。

 

口癖によっては相手を不快にしてしまうこともあるので、

時には自分の口癖を見直してみるのも良いかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。