スウェーデンで現地採用。移住した日本人の仕事と就職…スウェーデンで働くには?スウェーデン移住とワーホリの仕事、求人(日本語)

 

北欧の国であるスウェーデンは

世界有数の福祉国家として有名です。

 

そして森林率は約70%と自然豊かな国で、

治安も良いです。

 

そんなスウェーデンに移住するとどうなのか、

今回まとめてみました。

 

 

スウェーデンで現地採用!スウェーデン移住した日本人、ワーホリの仕事と就職…スウェーデンで働くなら。日本人の職業

 

北欧の国であるスウェーデンは

世界有数の福祉国家であり、

 

自然豊かな国ですが、北欧ということもあり、

IKEAなどの世界的な企業がいくつもあります。

 

 

北欧といえばデザインのセンスが

良いことをイメージされるように、

 

素朴で華美になりすぎない

魅力があるのも特徴です。

 

 

しかし、福祉国家であることから、

物価が高く、北欧という地域であることから、

 

冬の寒さや日照時間の短さなどの

懸念点もあります。

 

 

そんなスウェーデンに移住すると

どうなるのか。

 

スウェーデン移住している日本人は多く、

ブログを書いている人も多いので、

そちらを参考に調べてみるのをお勧めしますが、

 

物価が高いところが少しネックなので、

資金的には余裕を持って

下準備しておくと安泰です。

 

スウェーデンに移住する条件や

方法については、

特に永住権を取得するという観点で見ていくと、

 

現地のスウェーデン人と結婚する、

もしくは実際にスウェーデンの会社に

 

就職して4年間働くと取得することが

可能となります。

 

 

スウェーデン人と結婚して

移住するというのはなかなか

ハードルの高いものなので、

 

どうやって北欧の国であるスウェーデンに

移住して仕事をすることができるのか

見ていきます。

 

 

1つはスウェーデンにある会社を

転職エージェントを利用して

働くという方法があります。

 

その際、転職エージェントサイトは

外国企業の多いサイトを選ぶことを

心掛けるといいです。

 

そしてもう1つは、

スウェーデンのワーキングホリデーを

利用することです。

 

そもそもワーキングホリデーとは、

日本と協定国の異文化交流や相互理解を

促進するために生まれた制度で、

 

協定国によって制限は異なりますが、

ワーキングホリデーを利用することで

 

仕事やアルバイトなどをすることが

可能となります。

 

そんなワーホリをスウェーデンで利用して

働くことができる職業をいくつか挙げると、

レストランのウェイトレスや農園の収穫スタッフ、

 

ハウスキーパーなど様々あります。

最後に現地に行ってから、

現地採用をしてもらうことも挙げられますが、

 

現地採用の場合、

英語はもちろんスウェーデン語を話せないと

 

なかなか採用されず

後悔することになるので注意が必要です。

 

 

スウェーデンの求人は日本語でも?スウェーデン日本大使館の求人など

 

スウェーデン移住をする際は、

現地のスウェーデン人と結婚するか、

スウェーデンの会社に就職して4年間働くことで、

 

永住権を獲得することができます。

実際スウェーデンに移住している

日本人は多いので、

 

ぜひ移住している人のブログを

参考にしながら下準備などを進め、

 

移住したらどのような生活になるのか

イメージすることをお勧めします。

 

 

そしてスウェーデンという北欧移住で

仕事をする際には、

ワーホリを利用してみるのも1つの手です。

 

実際移住してから

現地で採用してくれる企業を探すよりも、

 

ワーホリを利用した方が

仕事は見つかりやすいですし、

 

現地で探す場合は、

スウェーデン語を話せないと

求人に引っかかるのも難しいです。

 

 

ではスウェーデンに日本企業は

あるのかどうかについてですが、

 

ストックホルム日本商工会に

加盟している企業は、

 

日本企業となるので

参考にしていただければと思いますが、

そこの求人があるかどうかは、

 

それぞれの企業で確認が必要となります。

またスウェーデン日本大使館に関しても、

働きたいと思っても、

 

やはり国際機関ですので、

博士号は前提となり、日本語だけでは

もちろんダメで英語が堪能であったり、

 

専門分野に特化しているなど、

様々な条件があるので、世間一般の人が

 

働くにはハードルが高いところとなるので

注意が必要です。

 

 

スウェーデンの現地採用について

 

スウェーデンで永住権を獲得するのは、

比較的簡単で、現地であるスウェーデン人と結婚する、

 

もしくはスウェーデンの会社で

4年間働くと獲得することができます。

 

永住権を獲得することで、

世界有数の福祉国家の恩恵を

受けることができますが、

 

物価が高いのでそこに関しては

注意が必要です。

 

もし単純に永住権関係なしに

少しだけ住んでみたい場合は、

 

物価の高さだけが響いてくるので

資金面はしっかり準備しておいた方が

いいですし、自分としては

 

それなら永住権を獲得して、

福祉国家の恩恵を受けた方が

お得だと考えてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。