教育移住で後悔?マレーシアに教育移住し失敗…マレーシア移住(海外移住)で後悔、フィリピンに移住して失敗?例を挙げると

 

教育移住で後悔する?

マレーシア移住、フィリピン移住など比較。

 

 

教育移住で後悔?海外移住の失敗と後悔

 

子供ができ、金銭的に余裕がある場合は

教育移住を考える人もいるのではないでしょうか。

 

将来わが子を国際人にしたい親だったら、

海外移住で子供をバイリンガルにしたい、

英才教育をさせたいと思うでしょう。

 

語学面以外でも、国際的な視点が広がる、

自己主張ができるようになる、

 

インターナショナルスクールに通うことで

いろいろな国の友達ができる、

など長期的に見ても子供にとってメリットがあります。

 

一方で幼い頃から海外移住することで、

失敗やデメリットもあると言われています。

 

日本の文化・環境から離れてしまうので、

価値観の差が生じたり、

日本語が苦手になったりします。

 

子供が日本語より英語での

コミュニケーションの方がしやすくなってくると、

親との会話も少なくなってしまいます。

 

海外移住したのはいいけれど、

子供は現地に適応して親の方が苦労する…

なんて失敗例もあります。

 

 

オランダは子供の自主性を尊重する教育だと

言われており、教育移住する方もいるようです。

 

ただオランダに教育移住しても、

オランダ語を話せないと現地の学校の

受け入れができないと言われた、

 

という失敗談もあります。

 

日本人学校やインターナショナルスクールという

選択肢もありますが、

 

現地校に入れたいという目的で

オランダ移住する場合は、

 

この点で失敗しないようあらかじめ

準備しておく必要があるでしょう。

 

アメリカ移住でも、同様に子供の言葉の面で

苦労・後悔する人が多いです。

 

北海道で人口が増え続けている

東川町も移住先として最近人気ですが、

失敗する前に下調べしておくことが大切です。

 

 

マレーシアに教育移住して失敗?マレーシア移住の後悔と失敗…失敗例とフィリピン移住の失敗

 

マレーシアは日本人の移住先として

人気の国ですが、

教育面ではどうなのでしょうか。

 

まずマレーシアの教育移住にあたっての費用は

比較的安価と言われています。

 

マレーシアへの移住に際して

必要な教育関連の初期費用は、

 

実際に子供がいくつになるタイミングで

移住するのかによって変わってきます。

 

マレーシアにずっと移住し生活するのか、

帰国の予定があるのか、

 

英語・日本語の言葉のレベルはどうか、

貯蓄額はどのくらいか、

などを現実的に考慮する必要があります。

 

費用面で考えると高校・大学が

留学コストを抑えられますが、

 

一方でマレーシアへの教育移住は

中学生までが良いと言われています。

 

高校入学以降は授業についていくための

英語力がかなり求められ、

現地校へ入学するハードルが高い為です。

 

 

マレーシアへの教育移住を考えるときは

費用だけでなく、

お子さんのタイミングやレベル感、

 

それに伴う問題点・デメリットも

よく考慮する必要があります。

 

マレーシア移住は、子供の教育目的であれば、

移住そのものだけではなく

 

将来どうしたいかを含めて考えると、

失敗のリスクを減らすことになると思います。

 

 

マレーシアの首都クアラルンプールは

教育環境が整っていて、教育移住に適しています。

 

クアラルンプール移住では

家賃・初期費用の高さが失敗例と言われているので、

注意が必要です。

 

またジョホール州の州都であるジョホールバルは

人気の移住先と言われており、

 

物価の安さ・コスパの良さが有名なので、

貯蓄が少なくても比較的移住が現実的です。

 

ジョホールバル移住で注意すべきは

意外と治安が良くないという点、

 

栄えているので安全なイメージがありますが

治安の良さを求めると

失敗してしまいますので、

 

例えばブランド物や高級腕時計などを

身につけずシンプルな服装で

過ごすようにしましょう。

 

 

フィリピンも、マレーシアのように

移住しやすい国で、日本人が多く住んでいます。

 

フィリピンは経済発展が著しく

日系企業も増えていますが、

移住して後悔している人もいます。

 

インフラや医療が十分に整っていない、

治安や衛生面がよくない、

 

水や野菜があまり美味しくない、

といったマイナス面もあります。

 

他の国と同様に、フィリピン移住も

失敗しないよう事前の情報収集は大切ですね。

 

 

教育移住での後悔について

 

単純な海外移住ではなく、

わが子の教育の為の移住となると、

 

目の前のこと以外も考慮しながら

判断・選択していく必要がありますね。

 

失敗や後悔も学びになるとは思いますが、

できるだけ避けたいものです。

 

下調べをしっかり行い、

お子さんともよくコミュニケーションをとって

選んでいけるとベストではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。