フランスにワーホリは難しい?フランス移住の後悔と仕事など

 

一度は誰もが

ヨーロッパに行きたい

考えたことはあると思いますが、

 

その中でも

フランスは芸術の国であり、

お酒としてはワインが有名です。

 

そんな

フランスに移住するためには、

どうすればいいか紹介します。

 

 

フランスにワーホリは難しいの?フランス移住の後悔…フランスに住むにはどうすればいいか?仕事の方法

 

ヨーロッパの諸国は、

海外移住先として

人気があることが多く、

 

特に1つの国に住めば、

近隣諸国に

すぐ旅行に行くことができるのは、

とても大きなメリットとなります。

 

今回でいう

フランスも同じで、

フランス移住すれば、

 

スペインやイタリア、

オランダなどの近隣諸国に

すぐ旅行することができる上に、

 

フランスは

芸術の国でもあることから、

 

世界遺産も数多く

例えばルーブル美術館などの

有名な観光地は数多く存在します。

 

ではそんな、

フランスに移住するには

どうすればいいか?

について見ていくと、

 

ビザを取ることがもちろん必要で、

その中でもフランスには、

ワーキングホリデーがあります。

 

なので、例えば

フランスのパリに

移住する予定があるのであれば、

 

ワーホリを使って

フランスに移住することを

お勧めします。

 

ただし、

フランスのワーホリの条件には、

 

18〜29歳という年齢制限と、

子連れでは使用できないので、

注意が必要です。

 

ちなみにフランスワーホリで

どれぐらい

費用がいるのかについては、

 

どこでどのような

生活をするのかにもよりますが、

平均して180万は必要です。

 

とは言え、

仮にお金が準備できない状態でも、

行きたい場合の

方法があるのかと言われればあります。

 

というのも

ワーキングホリデーは、

 

学生で使うのであれば、

日本学生支援機構から

海外留学費として

借入をすることもできますし、

 

社会人の場合は、

政策金融公庫から

教育ローンとして

借入することもできます。

 

しかし、借入だけあって、

返済するのが

フランスからだと送金関係の問題で、

大変なので、

 

しっかり自分で

計画的にお金を準備していくのが

一番良いですし、

 

ワーホリの条件も含めて、

しっかり下準備をしてから

移住しないと後悔に繋がるので、

注意が必要です。

 

フランスに住むには、

ワーホリを利用するのが

一番だとして、

 

住んだ後の仕事に関しては、

どうすればいいのか。

 

もちろん

現地で探すしか無いですが、

 

やはりフランス語、

少なくとも英語が話せないと、

なかなか接客業としても

採用されるのが難しいので、

 

語学勉強は

しっかり行ってから

フランスに行く、

 

または現地で一旦

語学留学をしてから

働く形を取るのがベストです。

 

とは言え、

やはり芸術に興味のある人には、

 

フランス、特にパリは

とっておきの場所であることは、

間違いないので、

 

ぜひ

ワーキングホリデーを利用して

移住してみてください

 

 

フランス移住と仕事!移住してフランスに住むなら職業は?仕事について

 

フランスに移住するには、

様々なビザの条件を

今の自分と照合して

利用することになります。

 

その中でも、

フランスに住むには、

まずはワーキングホリデーを

利用することをお勧めします

 

そもそも

ワーキングホリデーは、

他のビザとは違い、

 

期間も長ければ、

そこに住みながら語学留学したり、

働いたりすることが

できるものなので、

 

他のビザに比べて

メリットが大きいです。

 

とは言え、どの国でも

ワーキングホリデーを

使えるわけではなく、

 

該当の国では、

一度しか使用することが

できないので、注意が必要です。

 

なので、

フランスのパリに住むには、

 

ワーキングホリデーを

利用した方がいいことは

わかったと思いますが、

 

仮にパリに移住したとして、

どのような職業に

就くことができるのか。

 

基本的には

レストランの店員などの

接客業が多いですが、

 

もしエンジニアのような

専門的な知識や技術が

あるのならば、

 

その業界で

働くことができます。

 

とは言え、

現地で探すとなると

苦労するのは間違い無いです。

 

これはフランスだけでなく、

例えばフィリピン移住をして

仕事探ししても、

 

同じ結果で、

そこには言語の壁が

あるので苦労します。

 

ですが、フランスには

mixbというものがあり、

 

このmixbというのは世界各都市、

ニューヨークやロンドンなどに

住んでいる日本人が、

 

求人やサークル活動など、

様々な生活情報を

やり取りする掲示板です。

 

そしてこのmixbは、

パリも含まれているので、

これを利用して

パリで求人を探すのはありです。

 

「mixb paris 求人」のように

検索をかけると

様々な情報が出ます。

 

しかし、

あくまでも掲示板なので、

 

確実に信用できる情報ばかりが

あるわけでは無いので、

情報の精査は必要です。

 

最後に、

海外移住は難しいとよく言われますが、

何も考えず、

下準備もせずにやれば後悔しかしません。

 

しかし、ちゃんと調べて、

計画的に準備することで、

海外移住は貴重な経験になることは

間違いないので、

 

特に言語と

自分にその国が合うかどうか、

この2つは重要なポイントです。

 

ここに着目して、

海外移住に興味のある人は、

色々調べてみてください

 

 

フランスのワーホリについて

 

フランスに移住するなら、

ワーキングホリデーを

利用するのが一番いいです。

 

しかし、ワーキングホリデーにも

条件があるので、

その条件に当てはまるように

 

特に年齢に関しては

注意して利用してみてください。

 

フランスは、実際、

凱旋門やルーブル美術館、

シャンゼリゼ通りなど、

 

有名な観光名所や

世界遺産が数多くありますし、

 

パリコレなど

ファッションや芸術に

興味のある人、

 

はたまたパティシエなどの

洋菓子やフランス料理に

興味がある人には、

 

おすすめの国となっていますので、

ぜひ一度

旅行でもいいので

行ってみてはいかがでしょうか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。