アメリカ人の食事(一週間)。夕食の献立と食生活がひどい?毎日の食事と肥満の食事

 

世界でも

肥満率の高いアメリカ。

 

ファストフードやサイズ感が

アメリカンサイズなどの

イメージが強いですが、

 

実際どうして

肥満率がそんなに高いのか。

 

アメリカ人の食生活について

紹介します。

 

 

アメリカ人の食事、一週間の献立は?夕食の献立

 

アメリカの食事と言えば、

ファストフード

ジャンクフード

思いつく人が多いです。

 

実際、アメリカ人の食事において、

ファストフードやジャンクフードは

欠かせない存在となっています。

 

何故なら、特に

ファストフードは

最も安い外食にあたるので、

安上がりとなり、

 

その結果、

肥満率が高くなります。

 

そんなアメリカ人の一日の生活、

特に

アメリカの食生活について

見ていきます。

 

まずはアメリカ人の

一日の食事について見ていくと、

 

朝食

ガッツリと食べる人もいますが、

最近ではシリアルやスムージーなど

簡単に済ませる人も多いです。

 

これは健康志向がある人が

増えたきたことが起因しています。

 

そして昼食は、

軽く済ませる人が多く、

 

特に働いている人に関しては、

近くのファストフードで

済ませる人が多いです。

 

そして最後に夕食は、

一日の食事のメインとなるため、

外食に行く人や、

出前を取る人も多いです。

 

ここまでみると

アメリカ生活での食事は

自炊をしないのかと

思われますが、

 

実際のところ間違いではなく、

自炊をすることは少ないです。

 

家族がいれば

自炊する家庭は

もちろんありますが、

 

一人暮らしに関しては、

全く自炊をしないと

言ってもいいぐらい、

自炊する人がいません。

 

なので、

一週間の献立が被ることも

しばしばで、

 

この献立被りに関しては、

全く気にしないのが現状です。

 

自炊をしない理由としては、

外食産業が

発達していることもありますが、

 

スーパーで売っている商品が

想像通りの

アメリカンサイズであり、

 

一人暮らしだと

消化をするのが

厳しかったりするので、

自炊をする人が極端に少ないです。

 

 

アメリカ食生活、食生活がひどい?アメリカ人の肥満と毎日の食事、夕食など

 

アメリカ人の食生活は

毎日ひどいのではないかと

思う人はたくさんいると思います。

 

それは間違いではなく、

アメリカ人の

高い肥満率と食事には

密接な関係があります。

 

実際アメリカにおける

成人の肥満率

30%を超えています。

 

アメリカ人の

食事を思い浮かべた時に、

 

真っ先に出るのが

ファストフードや

ジャンクフードだと思います。

 

このイメージは正解で、

アメリカの食事における、

 

特にファストフードは

最も安い外食にあたるので、

 

貧困層の人たちが

お金を節約するために、

よくファストフードに行きます。

 

なので、

一般的なお金持ちが太りがちで、

貧しい人が痩せているのとは逆で、

 

アメリカでは、

貧しい人ほど

肥満体質な傾向にあります。

 

そしてアメリカの夕食について。

 

アメリカにとって夕食は

一日の中でのメインの食事となり、

ここで外食や出前を取る人が多く、

 

そしてお腹を満腹にするまで

食べる傾向にあるので、

 

これも

肥満につながる原因と

なっています。

 

朝食と昼食で

あまりガッツリと食べない分、

夕食で腹一杯まで食べる、

 

しかもこれが

自炊して栄養バランスまで

献立がちゃんと考えられた食事ではなく、

 

外食や出前などの

ハイカロリーなものなので

肥満につながるのは当然です。

 

しかし先ほど書いたように、

スーパーで売られているものは

アメリカンサイズなものばかりなので、

自炊する人が少ないのが現状です。

 

このように、日本では、

考えられないような

食生活をしているアメリカですが、

 

もし留学や移住することがあれば、

この食文化の違いというのは

とても大事なことなので

理解する必要があります。

 

逆に言えば、

好きなだけ食べることができるとも

捉えられるので、

 

もしアメリカで生活する人は、

日本では味わえない食生活を

堪能してみるのがいいです。

 

 

アメリカ人の食事について

 

アメリカ人の食生活は、

日本人にとって、

とてもハイカロリーです。

 

特にジャンクフードや

ファストフードの安さと

アメリカンサイズであること、

 

そして外食産業が

発展していて外食が多いこと、

 

さらに

スーパーで売られている商品自体が

アメリカンサイズであり、

 

特に一人暮らしでは

消化しきれず

自炊することが

少ないことなど挙げられ、

 

結果として

肥満率が高い国となっています。

 

とは言え、

日本の食事では物足りない

という人には、

 

ぜひアメリカで

その食事を

堪能してもらいたいですし、

 

最初はサイズ感の違いが、

むしろワクワクして楽しいので、

 

アメリカの食事を経験してみるのは、

とてもお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。