長野県に移住し後悔!松本市に移住し失敗…長野移住の後悔と長野移住失敗、松本移住の後悔。移住の後悔と失敗、デメリットは

 

長野県に移住して

後悔したという人は案外多いです。

 

長野市や松本市などの地方都市もあり

移住先として人気な長野県ですが、

移住後の暮らしで失敗してしまう原因は何でしょうか。

 

様々な要因や移住者の声を紹介します。

 

 

長野県に移住、失敗して後悔?長野移住の後悔と長野移住失敗…長野市に移住し失敗した50代

 

長野県に移住して後悔したという体験談は

インターネット上でも見つけられます。

 

移住を検討しているというと、

長野県への移住をおすすめされることも

多いものですが、なぜ失敗してしまうのでしょうか。

 

 

まず、長野県に移住しても

仕事がないという問題があります。

 

東京などの大都市であれば

常に多種多様の求人がありますが、

 

長野県内の地方都市や農村部、

山間部ではそのような状況は望めません。

 

また、近所付き合いで

トラブルになってしまうことも多いです。

 

お隣さんとも交流がないような都市部から

近所付き合いが濃厚な農村部、

山間部に移住した場合などは、

 

移住者と地域住民との認識が

食い違って問題になってしまうことがあります。

 

普段の生活以外にも、

仕事のやり方や慣習も独特なものがあり、

 

都市部で働いてきた人にとっては

ストレスになることがあります。

 

 

東京から長野市に移住した50代の男性、

ズレ蔵さんは、

 

自身のブログで職場での違和感について

以下のように述べています。

 

最初の1年は天国かと思いましたからね。(中略)3年目から、実はここっておかしいんじゃないの?って思い出して、最近は、失敗した。っていうカンジです。

引用元:ズレズレ人生 谷あり底あり

 

訪問前にアポを取るなどの都市部で

当たり前と思われているビジネスのやり方が通用せず、

地域の独特の慣習になじめなかったといいます。

 

こうした職場環境は

働いてみないと分からないので盲点ですね。

 

さらに、ズレ蔵さんは長野で働くことに関して

このようにまとめています。

 

勤めに出なくて、一人で完結するような仕事とか、単に引退して住むにはいいところですが、長野で勤めに出て仕事をしようとすると、すごくやりにくいところです。

引用元:ズレズレ人生 谷あり底あり

 

リモートワークのできるIT系などの仕事が

できると良いですが、

移住してから学ぶのは大変です。

 

移住する前に仕事のことは考えておきたいですね。

 

こうした失敗は長野市に限ったものではありません。

 

 

松本市に移住して失敗?松本移住の後悔と移住のデメリット。後悔の理由

 

松本市に移住して失敗した人も

たくさんいます。

 

松本市移住の失敗は、

冬の寒さや雪が耐えられなかった、

交通が不便だったという点がよく挙げられます。

 

雪国の生活は雪の降らない地域の人には

想像しにくいものですが、

単に寒いというだけではありません。

 

雪かきの重労働や雪による交通渋滞、

水道の凍結、電気代や暖房代がかさむなど

様々な問題が付随します。

 

また、松本市をはじめ長野県や

その他の地方都市では

車が主要な交通手段となります。

 

車の維持管理には税金や車検、

雪国では車庫やスタッドレスの用意など

手間とお金がかかります。

 

その上、松本市内は道路の渋滞も多いので、

移住前に公共交通機関が発達した都市部で

暮らしていた人は大変に思うかもしれません。

 

長野県の都市に移住する際は、

こうしたデメリットの認識が甘いと、

失敗したと感じてしまう可能性が高いですね。

 

 

長野県への移住と後悔について

 

長野県への移住と後悔する可能性について、

お分かりいただけましたでしょうか。

 

寒さと雪に耐えられるか、

自分に合った仕事は得られそうかなど、

 

移住の際はデメリットも

よく検討した上で決断しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。