北センチネル島って嘘?北センチネル島出身の芸能人(松本伊代?)とグロ、ドローンと北センチネル島…北センチネル島グロの話

 

北センチネル島は嘘なのでしょうか。

 

芸能人、松本伊代についての噂は

さすがに信じられません。

 

北センチネル島にまつわる

グロい話についても紹介します。

 

 

北センチネル島は嘘?北センチネル島出身の芸能人、松本伊代など。グロ(北センチネル島グロ)について

 

実は嘘が多いネット情報、噂話ですが、

松本伊代がグロい噂がある

北センチネル島出身の

 

芸能人だというのは

さすがに信じられません。

 

北センチネル島は、

インド洋の東に位置する島ですが、

大変閉鎖的であることが特徴です。

 

センチネル島について詳しい人は

少ないですが、

 

実際に北センチネル島に

行ってみたという人が広める噂が

話題になっています。

 

北センチネル島は、

インドの統治下にあるとはいえ、

 

大変閉鎖的に進化してきた島であり、

真実を知ることは難しいです。

 

北センチネル島は現在でも、

近づくことが難しい島です。

 

言語もセンチネル語という独特なものであり、

完全に自給自足の生活をしています。

 

現代では珍しく、

原始的な生活をしていると言えます。

 

 

北センチネル島と日本の関りは、

太平洋戦争中に日本軍が付近を

旋回したという記録がある程度です。

 

北センチネル島出身の人の話も

聞いたことがありませんし、

 

北センチネル島に上陸しようとした

アメリカ人宣教師は、

 

矢で射られ首を絞められて

殺害されたということです。

 

 

北センチネンタル島は

外部との接触を拒み続けているため、

 

2004年のスマトラ沖地震の際に

被害状況を確認しようとした

ヘリコプターに矢を放ったり、

 

南センチネル島から北センチネル島付近に

流された漁船の乗組員を

矢で殺害するなど事件が絶えません。

 

外部から菌が持ち込まれる可能性もあるので

インド政府は警戒していますが、

 

なんjゴッドの掲示板やYouTubeで

ドローンで撮影した動画が公開されています。

 

 

センチネル島は立ち入ることが出来ませんが、

なんjゴッド掲示板で

その様子が取り上げられているのは驚きです。

 

北センチネル島出身の芸能人が

日本にいるという噂は嘘だと断言出来ます。

 

 

北センチネル島にドローン?センチネル島(北センチネル島)ドローンと2ch

 

北センチネンタル島を

ドローンで撮影した画像があるのは、

大変興味深いことです。

 

北センチネル島をドローンで撮影しようと

試みた人は勇気があります。

 

実際にドローンで撮影した

北センチネル島の画像では、

北センチネル島の住民らしき人が、

 

ドローンを見上げている様子が

撮影されています。

 

 

北センチネル島では、

食料は自給自足しています。

 

外部との接触を避けているので

原始的な生活をしているものと思われます。

 

北センチネル島に

行ってみたという人がいるなら、

それは完全に嘘でしょう。

 

 

センチネル島は現在でも

外部と隔離された状態にあり、

 

北センチネル島は現在でも

独自の進化をしている島です。

 

センチネンタル島は現代では

珍しい未開の地であり、

簡単に立ち入ることが出来ない島なので、

 

北センチネル島のことを

2chで取り上げる人も絶えないのでしょう。

 

 

島出身の芸能人が元アイドルの

松本伊代であるという

信じられない噂がなぜ出てきたのか、

 

不思議でなりませんが、

松本伊代のデビュー曲である

「センチメンタルジャーニー」からの連想か、

 

露出が増えた彼女への

ギャグであると考えられます。

 

ちなみに彼女は東京都出身の

日本人であることは言うまでもありません。

 

 

それにしても、現代社会において、

これほど閉鎖的で未開の島のままで

存在する北センチネル島は興味深いです。

 

完全自給自足で環境に優しい生活をする

このような島があることが不思議ですが、

貴重な存在だとも言えます。

 

ネットでの噂やドローン撮影の様子についても、

やらせではないかとも言われているので、

 

完全には信用出来ませんが、

このような島が存在するのは事実です。

 

 

まとめ

 

地球上には、まだまだ私たちが

知らないことがたくさんあります。

 

現代社会から取り残されたように

存在するセンチネル島について、

 

むやみに知ろうとせず

そっとしておいてあげたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。