石垣島に移住し後悔の現実?失敗した沖縄への移住と50代、石垣島移住の闇…沖縄移住した50代の後悔と老後、沖縄移住失敗

 

日本の南国の島である沖縄。

 

海が綺麗で、時間がゆっくり流れているように感じるこの場所で、

一度でいいから住んでみたいと思った人は多いのではないでしょうか。

 

実際移住するとどうなのかまとめてみました。

石垣島に移住して後悔?失敗と現実、石垣島移住の闇と後悔

 

誰しも沖縄に一度でいいから移住してみたいと考えたことは

あるのではないでしょうか。

 

とは言え移住というのは現実問題として、ちゃんと下調べを

して自分に合った生活を送れるような場所や土地でないと

失敗してしまうという闇が存在します。

 

これに関しては沖縄でも同様で、ちゃんと調べてやらないと

移住失敗に繋がってしまいます。

 

特に沖縄というのは本州から離れており、近くだと石垣島や

宮古島などの近隣の島になりますので、移住失敗しないように、

より計画的に行う必要があります。

 

さらに沖縄ではなく島への移住の場合、宮古島や離れますが

八丈島のような場所へ移住する際は、生活としての利便性は

やはり本島に比べて劣ってしまうので、そこは注意して

移住しないと失敗に繋がり、後悔してしまいます。

 

とは言え働き盛りで移住するよりも、

余生をゆっくり過ごしたいから移住するという人が多いと思うので、

老後で移住する場合のお話をしていきます。

 

ではまず沖縄移住する際、どれくらいの費用が老後で必要なのか。

もちろんどこに住むのかにもよりますが、

生活費としては最低でも20万ぐらいはかかりますので、

少なくとも1000万あった方が、費用としては賄えます。

 

しかし物価が安いとは言え、東京や大阪などの都会に比べれば

安いぐらいのものなので、意外とお金はかかりますし、

本州に移動する際は、飛行機を使用することになるので、

 

その分交通費も高くなります。さらに利便性のことを考えると

那覇市などの都市部に住んだ方が利便性は高く、

その他の田舎に行けば利便性はかなり低くなるので、

最初移住する際は特に都市部に住むことをお勧めします。

 

では沖縄本島ではなく近隣の島への移住だとどうなるのか。

例えば石垣島(石垣市)へ移住する際、老後で余生をゆっくりと

過ごすのであればありかもしれません。

 

というのも仕事における時給やレジャー関係が本州に比べて

全然無いことが大きな要因として挙げられます。

なので綺麗な海や自然に囲まれてゆっくり余生を過ごすには

打ってつけですが、働きながら生活するには不便さが残ります。

 

最近沖縄では本島だけでなく、石垣島や宮古島のような近隣の

島でもリゾート開発が行われ、土地の価格が急騰しており、

それに伴い家賃が高くなっていますが、少しでも安く住むには

不動産を仲介しない空き家バンクを利用するのが、おすすめです。

 

空き家バンクは自治体が空き家を埋めて住民を増やすために行って

いるもので、決して営利目的では無いので、家賃を安く抑えることが

できますが、所有者との直接交渉となるので、トラブルの無いように

交渉行う必要があります。

 

ということで、沖縄移住失敗や後悔しないためにも、

しっかりと下準備をし、計画的に移住することが、何よりも大事です。

 

沖縄に移住した50代!沖縄移住の50代と老後の沖縄移住失敗、現実と後悔

沖縄

 

沖縄や近隣の離島に移住して3年以内には約9割の人が失敗して

本土に帰るという現実があります。

つまり沖縄移住は厳しいということですが、

なぜすぐ帰りたいと思ってしまうのか。

 

沖縄移住失敗のブログを見ていると、

その要因はいくつかありますが、

まずは身内には優しいが部外者には

厳しいという県民性があります。

 

生まれも育ちも沖縄の生粋の沖縄県民は皆親戚のように互いを

助け合いますが、移住者は部外者なのでそうではありません。

なので、例えば沖縄への移住を女性一人で行うと苦労します。

 

沖縄へ移住した際、そもそも友達もいない状態から始まり、

そんな中で部外者には厳しいという環境と仕事をする上でも、

女性の場合、採用されるのが難しいため、相当な下準備を

しないことには、沖縄移住を女一人で行うことをお勧めしません。

 

続いて、沖縄は低賃金で失業率が高いということです。

特に高収入を得ようと思えば、特別なスキルであったり、

高度なスキルがないと得れません。

 

そして、沖縄で新たな仕事を始める場合、低賃金が生活を苦しめます。

なので、沖縄に移住して新たな仕事を始めようとする30代から50代の

人は、なかなか仕事が見つからず、見つけたとしても低賃金なので

移住生活は厳しくなります。

 

ですが、沖縄移住する30代、40代、50代の人の仕事が、例えば

フリーランスのようなどこの場所でもできるような仕事、

あるいは本土と変わらずにできる仕事の場合は、これに該当

しません。

 

では、老後に沖縄へ移住する場合はどうなのか。

沖縄へ移住するのが老後の場合、一人だとやはり厳しいかも

しれませんが、夫婦だと資金をしっかり確保した上で移住すれば、

ゆっくり余生を過ごすことはできます。

 

しかし、沖縄で仕事をしないと生活ができない状態で移住する

場合は、先ほどと同様で厳しくなり失敗するのでお勧めしません。

 

ということで、沖縄移住は女性一人の場合や、新たな仕事を探す

30代から50代の人には厳しい移住生活になりますが、しっかり

下準備や計画性を持つことで沖縄移住後悔を避けること、

はたまた離島移住失敗を防ぐことができますので、

移住する際は、しっかりと準備することをお勧めします。

 

石垣島への移住について

石垣島

 

沖縄や近隣の離島である石垣島や宮古島などへの移住について、

近年リゾート開発により土地が高騰していることから物価が安い

とは言いにくい環境であること、高い失業率と低賃金であること

から、移住する際は、必ず余力を持った資金が必要となります。

 

この資金がない状態で移住生活を始めると、厳しい生活になり

本土に帰る結果となってしまいます。

楽しい移住生活、あるいは失敗しない移住生活を送るためにも、

しっかりと計画を立てた上で下準備を行いましょう。

 

ちなみに自分は沖縄の綺麗な海を眺めていると心が安らぐので、

海が好きな方や癒されたい方はお勧めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。