尾道移住で失敗。広島移住の後悔と失敗、デメリットは?尾道市への移住とデメリット、失敗…でも人気?

 

尾道移住は失敗?成功?

実は地方移住先として人気の広島県尾道市

 

今回は「文学の街」「映画の街」「坂道の街」尾道移住の

メリットやデメリット、移住前に知っておくと後悔しない

ことなどについて詳しく解説します。

尾道移住(広島移住)失敗し後悔?移住の失敗とデメリット

 

広島県の尾道市は、

岡山市と広島市の丁度中間に位置し瀬戸内海に面した

人口10万人規模の港町です。

 

「文学の街」「映画の街」として映画やアニメの聖地が

多数あり、観光地としても栄えています。

 

尾道移住のデメリットは、

やはり仕事が少ないことです。

これは尾道に限らず地方移住で失敗する要因の上位に

入ります。

 

田舎では企業が少なく、業種が偏っています。

尾道市も同様で、移住後に仕事を探すのであれば就職

ではなく、起業や飲食店の開業をする人が多い状況です。

 

また、尾道は造船業が盛んですが体力的にキツイ仕事の

ため担い手が少なく、外国人労働者に頼っている状況です。

体力に自信があれば造船業の仕事もあります。

 

このように、仕事内容を選ばず、自分ができることを自ら

発信して仕事していく力が無い人は地方移住を後悔する

ことがあるでしょう。

 

また、尾道は下水道が整備されていないので、汲み取り式の

トイレも少なくありません。

水洗トイレに慣れている人には慣れるまで厳しく感じること

もあるでしょう。

 

交通手段については、東京や大阪などに比べると電車や

バスの便数は少ないので、生活習慣的に頻繁に外出する

のであれば車が必要になる場合があるのもデメリットと

いえます。

 

店が少ないのもデメリットです。

美味しい飲食店は探せばありますが、ファッション系のお店、

洋服やアクセサリーの店が少ないです。

 

ネットで購入もよいですが、

たまにはショッピングを楽しみたい時には、

車で遠出しないとお店はありません。

 

尾道市に移住。尾道など広島への移住は今も人気?メリットは

尾道の風景

 

2014年頃から広島県の尾道市は移住先として人気が

ありました。

 

現在でも【尾道市の移住相談窓口が把握している

昨年4月から12月までの移住者数は34世帯59人

(このうち県外から28世帯53人)で、年度内に

7世帯14人が移住を予定しています。

 

引用元:FMおのみちweb】と現在も人気の地方

移住先となっています。

尾道移住のメリットとしては、住居費が安いです。

 

自治体も積極的で移住者向けに「空き家バンク」

「みつぎ空き家バンク」などで安価で借りられる

空き家を紹介しています。

 

中には、DIYに手間がかかりそうな物件もありますが、

月2万円で戸建てを借りられることもありますので

かなり住居費抑えられます。

 

広島県民は温かい気候の影響か、

陽気で楽天的な人が多いと言われています。

実際、外部からの移住者にもオープンに接して

くれる人が多いそうです。

 

地方移住では、

地方独特の閉鎖的な人間関係に悩む人は多いですが、

尾道では人付き合いがうまくいっているケースが

多いように感じます。

 

食べ物が美味しいこともメリットです。

尾道は海に面しているので魚介類は新鮮で美味しく

安いです。

 

チェーン店はありませんが、

カキや尾道ラーメンなど個人の飲食店で美味しい

お店がたくさんあります。

 

都会からの移住者が特に感じるのは、

自然が豊かだといくことです。

山や海、島もあります。

 

映画の舞台となるような美しい景色が日常的に

見られ心も体も癒されます。

 

気候も比較的穏やかな尾道は、

「生活」をゆったりと楽しむことができる

環境といえます。

 

尾道移住の失敗について

尾道の風景

 

広島県尾道への移住のデメリットは、

仕事が少ない、下水道環境が整っていない、

公共交通機関が不便などありますが、

県民性も明るくオープンな人が多く、

 

家賃が安く借りられる空き家もあり、

食べ物も美味しいので失敗したと思う人は

すくないではないでしょうか。

 

ただし、移住前には必ず入念な情報収集と

計画をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。