佐藤駿(フィギュアスケート)の経歴!コーチは誰でペンダント秘話とは?

現在話題沸騰中のフィギュアスケート選手の佐藤駿

羽生結弦も認める実力者です。

今回は佐藤選手の経歴を始め、コーチは誰なのか?ペンダント秘話とは?についてまとめていきます。

スポンサーリンク

佐藤駿のプロフィール・経歴

佐藤選手のプロフィール

名前:佐藤 駿(さとう しゅん)
生年月日: 2004年2月6日
年齢: 15歳
出身: 宮城県
身長: 157cm
高校: 埼玉栄高校
出身中学:埼玉栄中学校
趣味: 読書、音楽鑑賞

佐藤選手の経歴を紹介します。

5才の時にスケートを始めた佐藤選手。

仙台出身の佐藤選手はオリンピック金メダリストの荒川静香・羽生結弦を輩出した、アイスリンク仙台に通っていました。

通っていた時から、羽生結弦選手とは顔見知りだったそうです。

2011年には東日本大震災の影響に関東へ移動し、5か月間は川越スケートセンターに拠点を移しました。

その後、仙台市に戻り、全日本ノービス選手権にて4連覇を達成しました。

仙台市立高森中学校へ進学したのですが、父親の転勤により埼玉県栄中学校へ転校します。

そこから現在も埼玉栄高校に通っています。

佐藤駿の技術・演技

6種類の3回転ジャンプと、ルッツ・トウループ2種類の4回転ジャンプを跳ぶことが出来ます。

ジャンプが得意な選手で、中学生の頃から4回転ジャンプをプログラム構成に組み込んでいるそうです。

次のスケートの大会では佐藤選手のこのジャンプに注目してみてください。

スポンサーリンク

佐藤駿のコーチは誰?


佐藤選手は2018年春からは、埼玉県上尾市にある「埼玉アイスアリーナ」を拠点に練習しています。

そコーチは日下匡力さん浅野敬子さんがコーチをしています。

震災の影響で、仙台から埼玉に移動し、川越スケートセンターからの付き合いのコーチです。

佐藤選手は川越時代に大きく成長をしているので、今後の活躍も期待できますよね。

佐藤駿のペンダント秘話とは?

佐藤選手は実は、演技中に肌身離さずつけているペンダントがあります。

実はそのペンダントは幼稚園時代、羽生結弦からプレゼントでもらったものだそうです。

そのペンダントを全日本ジュニア選手権で優勝した際に羽生結弦に見せていたシーンがありました。

羽生結弦がこれまで以上の嬉しい笑顔を見せていますし、大変恐縮そうな佐藤選手の表情もなんだかかわいいです。

このペンダントにも今後かなり注目されそうですね。

まとめ

今回はフィギュアスケートの佐藤駿選手についてまとめてみました。

羽生結弦もその実力を認める佐藤選手ですが、まだ15歳の高校生と伸び代を考えると末恐ろしいです。

これからさらに注目を浴び続ける選手なので、私も注目していきたいと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください