大槻昌彦のwiki風プロフィールと経歴!出身大学や年収はいくら?

日本M&Aセンターの専務取締役を勤めている大槻昌彦。

アラフィフとまだまだ若いけれども、同社の専務取締役という役職もついている、まさにエリート中のエリートです。

今回は大槻さんのプロフィールやこれまでの経歴、学歴、年収について調査してみました。

スポンサーリンク

大槻昌彦のwiki風プロフィール

名前 大槻昌彦(おおつきまさひこ)
生年月日 1970年
年齢 49歳(2019年12月現在)
出身 大阪府
出身大学 横浜国立大学教育学部卒業
勤務先 日本M&Aセンター
肩書き 専務取締役

大槻雅彦の経歴と出身大学

大槻さんの経歴と出身大学について紹介します。

まずは出身大学から。

大槻さんは横浜国立大学教育学部卒業

2019年現在で偏差値は53〜57

横浜国立大学を卒業してから、現在に至るまでの経歴はこちら。

1995年:株式会社住友銀行(現・三井住友銀行)入行。

2006年2月:日本M&Aセンターに入社。

2009年4月:執行役員事業法人部長就任。

2010年4月:執行役員法人事業本部長兼事業法人部長就任。

2010年6月:取締役法人事業本部長兼事業法人部長就任。

2013年4月:取締役法人事業本部長就任。

2013年6月:常務取締役法人事業本部長就任。

2014年4月:常務取締役法人事業本部長西日本管掌大阪支社長就任。

2015年4月:常務取締役営業本部長大阪支社長就任。

2016年4月:常務取締役営業本部長就任。

2017年4月:専務取締役 営業本部長就任(現任)。

2018年4月:株式会社日本投資ファンド取締役(現任)。

(出典:https://www.nihon-ma.co.jp/corporate/profileOtsuki.html)

現在は日本の会社の中でもトップレベルでの高給取りである日本M&Aセンターに勤めています。

日本M&Aとは

日本M&Aセンターは中堅中小企業を対象としたM&Aを仲介する会社。

同社は1991年4月25日に設立され、2007年12月10日に東証一部に上場。

売上高は284億6300万円、経常利益は125億3300万円(2019年3月期)で、9期連続で過去最高益を更新しているす

補足説明として、

M&Aとは、「Mergers(合併)」and 「Acquisitions(買収)」の略で、直訳すると「合併と買収」を意味します。

もっと分かりやすくいうと、、「ビジネスの売買(買収)」、「複数のビジネスを一つに統合(合併)」するための手法です。

M&Aセンターのビジネスモデルは、会社を売りたい人と買いたい人をマッチングさせ、その手数料を売り手・買い手からいただくことにより利益を上げています。

ということで、話を戻します。

大槻さんは2006年に同社に入社します。
(その前は現在の三井住友銀行に入行。)

入社からわずか11年という期間で専務取締役までスピード昇進されています。

社内においても超エリートな存在であることが分かります。

管理人

入社10年って普通だとせいぜい課長レベル

主に譲受企業側のアドバイザーとして100件以上のM&A成約に携われてこられました。

共同著者として『最新版 中小企業のためのM&A徹底活用法』の出版もされています。


ビジネスマンとしても人としても成功しているように見える大槻さん。

最近では、タレントの酒井法子との熱愛報道があったことで、話題になっていました。

スポンサーリンク

大槻昌彦の年収はいくら?

管理人

大槻さんはいくら年収をもらっているのだろう?

大槻専務が所属する日本M&Aセンターは年収が高いことでも知られています。

2019年現在の平均年収が高い企業ランキングを見てみますと、

1位:m&aキャピタルパートナーズ 2575万円
2位:GCAサヴィアン 1951万円
3位:TBS 1595万円
4位:ヒューリック 1470万円
5位:三菱商事 1458万円
6位:日本テレビ 1439万円
7位:ファナック 1412万円
8位:伊藤忠商事 1409万円
9位:東京海上 年収 1392万円
10位:スクウェア・エニックス(スクエニ) 1386万円
11位:テレビ東京 1364万円
12位:テレビ朝日 1362万円
13位:フジテレビ 1344万円
14位:三井物産 1332万円
15位:毎日放送(MBS) 1327万円
16位:日本M&Aセンター 1325万円
17位:住友商事 1272万円
18位:丸紅 1256万円
19位:電通 1250万円
20位:バンダイナムコHD 1248万円
引用:

社員平均の年収が1325万円とかなり高めです。

2018年3月期における決算なのですが、大槻さんも含めた取締役5名に対する報酬総額は4億9,800万円。

ということは、役員1人あたりでは9,960万円にもなります。

ということは、大槻さんの年収は1億円を超えていることもあり得そうですね

まとめ

今回は日本M&Aセンターの大槻昌彦さんについて取り上げてみました。

まとめますと、

・横浜国立大学教育学部卒業
・現三井住友銀行をから2006年、日本M&Aセンターへ転職
・年収は約1億円?

タレントの酒井法子と熱愛報道もありました。

その馴れ初めなどについては以下の記事をご覧ください。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください