山村崇嘉(東海大相模)のwiki風プロフ!読み方や出身中学にドラフト評価は?

2020年のプロ野球ドラフト候補である東海大相模の山村崇嘉選手

山村選手がどんな選手なのか、ドラフト評価に加えてwiki風にまとめてみました。

スポンサーリンク

山村崇嘉選手のwiki風プロフ!名前の読み方は?

名前:山村崇嘉(やまむらたかよし)
生年月日:2002年9月28日
出身:東京都
身長:178cm
体重:83kg
ポジション:投手、内野手
投打:右投左打

山村崇嘉選手の球歴!出身中学は?

管理人

山村選手のこれまでの球歴が気になる

山村選手の球歴を調べてみました。

相模原市東海大相模中(神奈川)を卒業し、中学では野球部に入部せず、武蔵府中シニアというチームに所属していました。

武蔵府中シニアは多くのプロ野球選手を輩出している名門チームです。

レベルの高い環境で自分を鍛えたかったこと、早いうちから硬式野球に慣れておくことが理由で所属していたと思われます。

中学校の成績を調べてみました。

中学1年生:リトルシニア日本選手権大会(ベスト8)
中学3年生:リトルシニア日本選手権大会(ベスト8)
中学3年生:MCYSA全米選手権大会日本代表とU-15アジアチャレンジマッチ日本代表

中学校の時から日の丸を背負っていた山村選手。

U-15アジアチャレンジマッチの成績を調べてみると、

オーストラリア戦で先発して3回2安打1死球3奪三振1失点
チャイニーズ・タイペイ戦では5番ファーストで出場して5打数1安打1打点

日本の優勝に貢献しています。

投手としても野手としても大活躍されています。

高校はそのまま東海大相模高校に進学。

1年の夏から背番号をもらうほどの超エリート選手です。

夏の甲子園出場を決めた2019年の神奈川県大会では

打率:.484
本塁打:3本
打点:17点

3年生に負けない成績を残しています。

スポンサーリンク

山村崇嘉選手のドラフト評価は?

管理人

プロのスカウトは山村選手をどう評価しているのかな?

2019年8月時点で評価しているのは巨人の長谷川国利スカウト部長

「西川は馬力があるし、山村は柔らかいから打球がよく飛ぶ。
鵜沼もアグレッシブで、3人ともいい面を出している。
3人とも来年はドラフト候補に入るでしょう」
引用:http://draftrepo.blog47.fc2.com/blog-entry-4522.html

また、元巨人でU-15の監督も務めた清水隆行さんも山村選手について評価していました。

体の大きさやバッティングの力強さについてかなり褒めていました。

そのバッティングがこちら

パワーというより、スイングの鋭さや体の柔らかさに特徴あるかと思います。

軽く打っているように見えてあんなに遠くまで飛ばせる2年生はなかなかいないですね。

この動画を見た人は

・軽く運ぶな
・高校野球で外野が一歩も動けないはあんまりみたことないですね笑
・間違いなく来年の野手は、東の山村、西の来田の年になるでしょうね!この二人は別格です!!

などと高評価を得ています。

また甲子園での成績も随時更新していきたいと思います。

まとめ

今回は東海大相模の山村崇嘉選手についてまとめてみました。

・読み方は山村崇嘉(やまむらたかよし)
・東海大相模中学出身で、武蔵府中シニアでプレー
・U-15に選出され、清水隆行氏も大絶賛の選手

今後の山村選手の活躍に期待です。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください