ルーマニアパブ(外国人パブ)。海外のパブってどう?

 

ルーマニアパブは

どういった雰囲気なのでしょうか。

 

ルーマニアパブは、

日本に多いイメージはありません。

 

現地で楽しむパブの印象ですが、

実際日本にも

存在するのかどうかなど説明します。

 

 

ルーマニアパブ。現地のパブはどう?

 

ルーマニアパブは、

確かに日本に多くありません。

 

そもそも日本で外国人パブというと、

フィリピンパブのようなイメージを

抱いている人が大半です。

 

特徴は、女性と楽しく

お酒を飲む場と言うことです。

 

相場はピンキリとなりますが、

日本より少し安く楽しめることが魅力です。

 

 

また、ビザの話はタブーなので

気を付けましょう。

 

何気ない話題としてふったとしても、

移住してきた人にとって、

これはデリケートな問題です。

 

日本へは基本的にビジネスで訪れており、

割りきって働いている人が大半です。

 

純粋に自分が好かれていると浮かれるのは

注意が必要です。

 

あくまでも、

客として一線を越えることは難しいのです。

 

 

ルーマニア人は美人が多いこともあり、

日本人に人気です。

 

せっかくルーマニア美女と

知り合うきっかけになるのに、

失敗をして嫌われてしまいたくないものです。

 

あくまでも紳士的な付き合いを心がけましょう。

 

 

外国人パブ。海外のパブは日本とどう違う?

 

外国人パブは、

純粋にお酒を飲むのがマナーです。

 

海外の特徴として、

パブは楽しく過ごす娯楽なのです。

 

日本との違いは、

やや日本でのイメージは

風俗と混同しがちな点です。

 

外国人パブは確かに

さまざまなものがあります。

 

マッサージ店などは暗に

そういった夜のお店ですが、

 

パブとなると基本的に

タッチは不可だと心得ましょう。

 

日本ではキャバクラでも

スキンシップは多いです。

 

もちろんそれを良いか悪いかは、

女の子が拒否するかどうかもあります。

 

 

ですが、基本的に不要な

スキンシップはご法度なのです。

 

 

日本では比較的緩くされがちですが、

外国人パブはその辺りは

きっちり線引きされます。

 

出禁(出入り禁止)に

なってしまうこともあるので、

 

ある程度の理性は持ったまま

お酒を楽しみましょう。

 

タブーには触れないのが吉なので、

外国人パブでは女の子の私生活や

余計な勘繰りは不要です。

 

ビザのことを触れるのは

ご法度と心得ましょう。

 

また、素朴な疑問であっても

宗教的な話もタブーです。

 

 

少し自分に知識があったとしても、

余計なことは慎んでください。

 

お酒が入ると態度が大きくなる人がいますが、

外国の女性は基本的にプライドが高いです。

 

これは良い意味、悪い意味でも捉えられます。

 

 

日本では、女性がいわゆる

「ヨイショ」してくれる場ですが、

そういった期待を込めていては楽しめません。

 

キャストであっても、人は人です。

 

自分の思惑通りに

答えをくれるわけではありません。

 

そのため、横柄な態度を取れば

女の子からブーイングが来ます。

 

彼女らはレディーファーストの文化が

根付いているので、

 

男性は女性を大切に扱うのを

当たり前と考えています。

 

 

ルーマニアパブについて

 

ルーマニアパブは、

フィリピンパブとはまた印象が異なります。

 

女の子と楽しくお酒を飲む場であるには

違いありませんが、

 

あくまでも向こうは

ビジネスとして接客しています。

 

少し優しい言葉をかけられたからといって、

浮かれてはいけません。

 

日本には数が限られており、

あまり気安くはありません。

 

ですが、ルーマニア美女と

知り合うチャンスの場です。

 

ルーマニアは美人が多く、

日本人男性には人気です。

 

現地のパブとはやはりイメージは違いますが、

美人とお酒を楽しめるのは

楽しい一時となります。

 

そんなルーマニア美人に

嫌われないためにも、

紳士でいることは忘れずにいましょう。

 

イメージでいえば、フィリピンパブの方が、

女の子も人懐こく日本人男性を

気に入ってくれます。

 

その印象でいくと、

少し物足りない場合もあります。

 

自分の好きなパブを見付け、

通ってみることをおすすめします。

 

それぞれの国民性がかいま見え、

面白いものです。

 

何度も言いますが、

気安いスキンシップはやめましょう。

 

外国人というと、挨拶代わりに

キスをする印象がありますが、

初対面の男性に触られて喜ぶ女の子はいません。

 

海外パブとはいえ、はめを外さないよう

気を付けてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。