スターテック(マレーシア)コールセンターはやめとけ?ブログと日本人の求人あれこれ

 

スターテックはマレーシアにある大手のコールセンターで、

たくさんの日本人が働いています。

 

このような、世界各国のBOP企業のコールセンターは

マレーシアにはたくさんあり、英語が話せない日本人でも

海外で就職できるチャンスの場となっています。

 

スターテック(マレーシア)コールセンターはやめとけ?ブログ、実態と評判…日本人(男)求人は英語不要も?

 

マレーシアに移住して、実情として物価が高いことに驚きます。

 

もちろん、郊外に住んで現地の人が暮らすように生活すれば、

生活費を抑えて暮らすことも可能でしょうが、マレーシア移住

した多くの日本人が、コンビニに行ったり、日本食を食べたり、

ストレスのできるだけ少ない便利な暮らしをているのが実態です。

 

物価が安いと思ってマレーシアに移住してきたのに、

資金が尽きて帰国を余儀なくされるなんてことにならないように、

できれば日本語のみでも大丈夫な語学不要の就職先があると

ありがたいです。

 

マレーシアで就職先を探すとき、

求人サイトで目につくのがコールセンターです。

マレーシアのクアラルンプールには、

世界各国のBOP企業がコールセンターを開設しています。

 

マレーシアの日系企業のコールセンターでは、

日本語ネイティブを募集する求人も多くみかけます。

 

マレーシアのコールセンターの求人の募集要項をみてみると、

英語不要なものも多くあり、また年齢性別も不問で、例えば、

リタイア後の男性でも再就職の可能性があります。

 

マレーシアのコールセンターの求人の多くは、

就労ビザ取得の関係で、学歴は専門・短大卒以上

条件としていますが、探せば学歴不問で高卒でも

雇ってくれるところもあります。

 

実際に、マレーシアのコールセンターで就職やバイトを

している日本人は多くいて、彼らは、現地の人よりも

多い給料をもらい、物価の安いマレーシアで悠々自適に

暮らしています。

 

マレーシアのコールセンターは、日本ほど就業の規則が

厳しくなく、服装もほぼ常識の範囲内で自由で、

職場の雰囲気もゆるくてストレスなく働くことができます。

 

マレーシアのコールセンターのデメリットといえるのは、

コールセンターのサービスは24時間対応のところが多いので、

夜勤があることで、これが結構年配の人の身体に応えて健康を

害することもあり、やめとけばよかったと後悔することも。

 

また、マレーシアのコールセンターの志望動機が、

語学を向上してキャリアアップに繋げたいという上昇志向なら、

就職したその後、自分の思っていた職場環境と違うため

辞めたいと思うかもしれません。

 

もちろん、やる気次第ではどんどん出世を狙うこともできますが、

マレーシアのコールセンターは、基本、ゆるく働く場所なのです。

 

海外のコールセンターと聞くと、ブラックなのでは、、、

と心配になりますが、基本的に大手のコールセンターならば

福利厚生もしっかりしていて問題ありません。

 

しかし、スターテック、concentrix、tdcxなどマレーシアの大手の

コールセンターの評判を調べてみると、なぜかいいものもあれば

悪いものもあるので、要は人それぞれの職場との相性なのかなと

思います。

 

海外のコールセンターで働く…研修、クビの理由は?

マレーシア

 

マレーシアのクアラルンプールに移住して、

語学不要のコールセンターで仕事をし、

日本語のみでストレスなく生活している日本人はたくさんいます。

 

英語が話せなくても、海外のコールセンターで働くことはできるし、

コールセンターではいつもたくさんの募集をしているので、

面接で落ちることや、クビになったりすることはあまり聞きません。

 

コールセンターの面接で、男の人が落ちるケースが多いという噂が

ありますが、そんなこともありません。コールセンターの募集要項には、

年齢や性別を問うことは滅多にないからです。

 

しかし、たまに面接に落ちたりクビになったりするケースがあります。

その理由は、語学力よりも、社会人としての一般常識を備えていない

場合です。

 

日系企業のBOPであるコールセンターは、日本人顧客相手の

カスタマーサービスが主な業務です。

日本語の丁寧な言葉遣いや常識ある態度は必須で、

これらが仕事の評価になります。

 

また、全く英語ができない人がコールセンターの研修を受けると、

やめとけばよかったと後悔することがあります。

 

それは、コールセンターの研修のほとんどが英語でなされるからで、

ちんぷんかんぷんの研修に、すっかり自信をなくしてしまい、

途中で挫折してしまう人もいます。

 

募集条項がいくら英語不要であっても、

海外で仕事をして生活するためには、

できる限りの英語を身につけていた方がいいと思います。

 

スターテックとマレーシアについて

マレーシア

 

日本であくせくと働くことに疲れて海外で働いてみたいと

思う人が増えています。

 

その際、問題になるのが語学力

マレーシアには、スターテックなどのように英語不要で

日本語ネイティブの求人をするコールセンターがあります。

 

海外で働くことに憧れる人は、

ぜひ挑戦してみる価値があると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。