ツァーリボンバの跡地がクレーター?グーグルアースとツァーリ・ボンバの跡地…ノヴァヤゼムリャの爆心地、実験後の画像など

 

ツァーリボンバ、

それは旧ソ連が作った人類史上最大の

破壊力の兵器。

 

その威力や落とされた跡地は

今どうなっているのか。ご紹介します。

 

 

ツァーリボンバの跡地はクレーター?グーグルアースとツァーリ・ボンバの跡地。ノヴァヤゼムリャの爆心地

 

ツァーリボンバが落とされた場所は、

ノヴァヤゼムリャという

ヨーロッパ最北端にある列島です。

 

そのツァーリボンバーが投下された

ノヴァヤゼムリャの爆心地や跡地は

グーグルアースで見ることができます。

 

その跡地は直径300メートルほどの

クレーターができており、

池になっています。

 

 

威力は50メガトンとされ、

第二次世界大戦で使われた爆薬の総量の

10倍の威力を持ちます。

 

その爆発は2000キロ離れたところからも

確認され、爆発の衝撃波は

 

地球を3周してもなお

空振計に記録されています。

 

これがツアーリボンバが人類史上最大の

破壊力と呼ばれる所以です。

 

 

このように、ツァーリボンバの威力や

爆発の範囲はすさまじく、

 

その威力をもってすると

東京が爆心地になると東京はおろか

 

首都圏のほとんどは蒸発や

爆風で壊滅する破壊力です。

 

 

ユーチューブにもツァーリボンバの動画が

上がっています。

 

爆発した直後に出来る三つの煙の輪と、

下から吸い上げられるように

 

上空に煙や爆炎が上っていく映像は

強烈な印象を与えられると思います。

 

ですので一度は見てみるのも

いいでしょう。

 

ツァーリボンバの威力がどれほどのものか、

ツァーリ・ボンバによる被害の範囲など、

 

東京や他の国でも恐ろしい兵器という事を

知ることができます。

 

 

甘粕正彦はアニヲタ?ノヴァヤゼムリャのクレーター、ツァーリボンバの実験後の画像

 

ソ連が開発したツァーリボンバの

実験の動画やクレーター、

 

ツァーリボンバ爆心地は

ユーチューブで見ることができます。

 

その威力の凄まじさを

見ることができるので

見てみるのも良いですね。

 

また、ツァーリ・ボンバーの実験後の

画像もいくつかサイトなどで

上がっているので

 

見てみてはいかがでしょうか。

 

 

1955年から1990年の間

ノヴァヤゼムリャはソ連の

核実験場として使用されており、

 

中でもツァーリ・ボンバーは

1961年に実験がされています。

 

ノヴァヤゼムリャは現在も

核実験場として使用されており、

 

人口も3000人ほどで、そのほとんどが

中心都市の

ベルーシャ・グバに住んでいます。

 

しかし、ノヴァヤゼムリャは

ロシア政府の特別許可を

取る必要があるため、

 

中心都市を除いて一般の人は

訪れることが難しいです。

 

ツァーリ・ボンバーの爆心地の副業は

一般の人が訪れることができないため、

出来ないでしょう。

 

 

威力や爆発時の衝撃波がすさまじい

ツァーリ・ボンバーですが、

 

アニヲタの中ではこの名前を聞くと

相州戦神館學園八命陣に出てくる

甘粕正彦が出てくるでしょう。

 

ツァーリ・ボンバーという

掛け声とともに主人公を攻撃する様は

アニヲタに影響を与えました。

 

甘粕正彦は実際に歴史上実在していて、

甘粕事件が有名です。

 

性格や言動は周りの人間からは

好意的なものも多いですが、

一方でヒステリックや神経質であったり、

 

官僚的だったということも

知られています。

 

このことから、相州戦神館學園八命陣の

甘粕正彦が出来たのではないかと

思われます。

 

 

ツァーリボンバの跡地について

 

歴史上でも最大の破壊力と呼ばれている

ツァーリボンバですが、跡地やクレーター、

 

実験動画を見てもわかるように

威力の凄まじさが伝わってきます。

 

冷戦時にアメリカをけん制するために

開発された兵器ですが、

 

この威力を見るとさすがに

やりすぎではないかという

意見も多いです。

 

 

ツァーリボンバの実験が行われた

ノヴァヤゼムリャは今も

 

ソ連からロシアに変わった今でも

核実験場として使われているので、

 

中心都市意外はその爆心地への訪問や

跡地の観光ができないため、

 

現地に行って肌で感じるという事は

かなわないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。