まちの豊かさとは何かを要約!問題、豊かさとつながりの要約(本文)、テストとテスト対策、語句意味など

 

まちの豊かさとは何かを要約できますか?

 

まちの豊かさ・・・

豊かさとは、どういったことを指すのでしょう。

 

テストとテスト対策についても見ていきましょう。

 

 

まちの豊かさとは何かの要約!問題と本文、テスト対策

 

阿部健一の小論文の中に、

「豊かさとつながり」というものがあります。

 

これは現代文の教科書に載っているもので、

要領を得ない人が多いのです。

 

ここからの問題は本文を見ながら、

テスト対策に備えましょう。

 

まちの豊かさとは何かを

要約するサイトは少ないです。

 

まず豊かさとは何かを要約すると、

どうすれば豊かになるのか・・・

そもそもどういうものが豊かさなのかを語っています。

 

真の豊かさとは、

小論文にもありますが、心の豊かさを指します。

 

豊かさについて、

小論文では小難しく書かれています。

 

戦争があった国ではありますが、

日本では水道を捻ると水が飲めます。

 

どんなに貧しいと言っても、

衣服を着ずに歩いている人はまずいません。

 

そのため、日本は豊かな国と言われます。

 

ですがその反面で、

自殺者や失業者数は多いです。

それでも豊かと言えるのでしょうか。

 

「豊かさとつながり」では、

森林破壊などをテーマにしています。

 

人間のために土地を切り開くものの、

森をなくしたせいで

土が痩けてしまうような話です。

 

ですがこれは、

人が生きるため、と難しい問題なのです。

 

豊かさのための犠牲が、

更に豊かでなくしてしまうことは考えものです。

 

 

豊かさとつながりの要約!テストと語句意味、問題など

 

テストでは語句の意味をしっかり理解しましょう。

 

問題の要点がずれてしまっては、

もともこもありません。

 

「豊かさとつながり」からの予想問題とすれば、

豊かさとは何なのかを

自分なりに解釈することがポイントです。

 

豊かさは人それぞれ

価値観が違っていて構いません。

 

何を豊かと思うかは、

考える人だけの数があって普通なのです。

 

豊かさとつながりの本文の中では、

まさに、戦後の日本を思わせることを

題材にしています。

 

自分達の儲けのため、

つまりお金のための豊かさを追求します。

 

そのため木を切り、森を破壊し、

確かに人間の生活は便利になりました。

 

しかしそれは、同時に資本主義を後押しし、

富を求めることが

豊かだとしているという他なりません。

 

もちろん、

これは自分の考え方なので、

そう思わない人もいるでしょう。

 

しかし、小論文の解釈はそれでいいのです。

 

自分にとっての豊かさを考えること、

それがまさにテスト対策になります。

 

物を多く所有することが

裕福だとされていた時代もあります。

その考えももちろん否定できません。

 

ですが、近年では、

持たない生活が豊かとされはじめています。

 

物を多く所有しないことで、

空間や心の自由さを得る・・・

 

本当に様々な考え方があるのです。

 

 

まとめ

 

豊かさについて論文を書くなら、

自分の意見を大切にしましょう。

 

小論文というと、

一見難しそうに聞こえますが、

自分のなかで考えた

豊かなものについて作文にしていくのです。

 

まずは自分の今の生活を題材に考えると

わかりやすいです。

 

我々は生まれてから

「与えられている」日々の生活を

「当たり前」に考えがちです。

 

しかしそれは、

いかに豊かなのか

考えるきっかけにもなるのです。

 

もちろん、

今の生活に不服がある人もいることでしょう。

 

そんな人は、

どういったことを豊かだと感じるのでしょうか。

 

「豊かさとつながり」は、

世界を目にするため小難しいですが、

 

このように、

自分の日常生活にフォーカスしてみてください。

 

そうすることで、

何が豊かなのか、自分が何を豊かと捉えるのか・・・

 

普段何気なく過ごしている日々のなかで、

幸せの気付きにもなります。

 

道徳的な価値観に囚われるのではなく、

自分の考えに目を向けるきっかけになるのです。

そしてそれは大きな気付きとなり、

日常への希望にもなります。

 

それぞれの考え方があり、

正しい正しくないは非常に判断しづらいです。

 

ですが論文の要約は、

語句の意味を正しく読み取らなければいけません。

わからない語句はしっかりと調べるようにしましょう。

 

物語のように、

結末のあるわかりやすいものではありません。

 

富や一時の豊かさを求めるが故に、

森林破壊や自殺大国に追い込まれています。

 

ですが、そうした富の求め方が

間違っているとも言えないのです。

 

そのおかげで文化が栄え、

様々なものが便利になりました。

一概にその考えを否定することもできません。

 

自分の中で何を大切にするべきか、

今一度考えてみましょう。

 

自分の豊かさに気付くことで、

豊かさへのヒントとなるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。