マレーシアの略は英語で?略語(略・略号)2文字と3文字…略称をアルファベット(英語)、リンギットや空港、時間の略は

 

マレーシアの略は

英語表記でどのようになるでしょうか。

ちょっと知っておきたい豆知識をご紹介します。

 

 

マレーシアの略は英語で?今さら聞けない略について

 

マレーシアは、英語表記で「Malaysia」となり、

 

略称及び、

略号はアルファベット2 文字では「MY」、

3文字では「MYS」です。

 

これは、国際規格ISO 3166-1のコードとなります。

 

また、スポーツの世界大会で

資料される略称はこれとは異なる場合があり、

国際オリンピック委員会や、

 

国際サッカー連盟が使用するマレーシアの略称は

「MAS」となります。

 

 

「mco」はマレーシアの国内で

使用されている略語で、

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止における

「活動制限令」のことで、

英語の「Managed Care Organization」の略です。

 

この他、「CMCO」は条件付き活動制限令、

「RMCO」は回復のための活動制限令の略称です。

 

 

マレーシアの略語…リンギットや空港など

 

マレーシアの通貨は「リンギット」で、

英語表記は「Malaysian Ringgit」となり、

 略称は「MYR」となります。

 

 

また、マレーシアには全部で

48ヵ所ある空港のうち

 

クアラルンプール国際空港の表記は

「KUALA LUMPUR INTERNATIONAL」となり、

略称は「KUL」です。

 

この空港は、日本人建築家 黒川紀章が設計し、

 

近代的だが自然をふんだんに取り入れた

空間が特徴的な空港で、

アジア最大の広さを誇っています。

 

 

マレーシアの標準時は、

協定世界時から8時間進んでおり、

 

この略称は「Malaysia Standard Time」から

「MST」 または「 Malaysia Time」から

「MT」とよばれます。

 

また、マレー語では

「Waktu Piawai Malaysia」から

「WPM」と表現されます。

 

 

まとめ。マレーシアの略称と英語について

 

マレーシアは英語表記で「Malaysia」となり、

2文字では「MY」。

3文字では「MYR」となります。

 

また、通貨のリキッドは

「Malaysian Ringgit」で略は「MYR」となります。

 

マレーシアの国際空港である

クアラルンプール国際空港はで

「KUL」と略されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。