シンガポール移住した芸能人!有名人は?シンガポールに住む日本人で有名人は…シンガポールに住む芸能人、シンガポール在住の有名人

 

シンガポールに芸能人が移り住む理由や

魅力とは何でしょう。

 

シンガポール移住のメリット・デメリットを

解説します。

 

 

シンガポールの芸能人!シンガポール移住した有名人、シンガポールに住む芸能人は?シンガポール在住の有名人

 

シンガポールへの移住を考える人は多くいます。

 

シンガポールは治安が良く街並みも近代的で、

教育・医療の水準も高いので、

住むにはとても良い環境だと思います。

 

日本人からの人気も非常に高く、

シンガポール在住の芸能人もいます。

 

オリエンタルラジオの中田敦彦は、

妻の福田萌と共に2021年に移住した

シンガポール在住のタレントとして有名で、

 

自身のYouTubeで現地での暮らしぶりを

動画でアップしています。

 

お子さんの教育・海外留学が目的での

移住だと言われています。

 

他にもシンガポール在住の有名人として

知られているのは、

元アナウンサーの中野美奈子さんです。

 

夫の仕事の都合で移り住みましたが、

2018年に帰国し現在は日本にいます。

 

シンガポールでの様子を

テレビ番組で語ったりしていました。

 

日本人以外にもシンガポールに移住した

有名な人はたくさんいますが、

 

投資家や大企業の設立者といった名前が

多く挙がります。

 

世界規模でみると、

 

シンガポールへ移住する人は

芸能人やタレントよりも、

こういったお金持ちの方が多い印象です。

 

 

華やかに見えるシンガポール移住ですが、

具体的には何が必要になるでしょうか。

 

まずシンガポールに移住する際に、

かかる費用や金銭面を調べましょう。

 

シンガポールは土地が狭い割に

人口がとても多い為、

家賃が高いです。

 

また物の値段も高く、

世界で最も物価が高い国とも言われています。

 

実際の生活は、シンガポールに

移住している人のブログなど

参考にしてみるとよいと思います。

 

 

シンガポールへの移住手続きとして

一般的なのは就労ビザを取得することです。

 

就労ビザを得るには、

月に日本円で20万円以上の収入がある、

 

大卒以上、役職がマネージャー以上、

といった条件があります。

なかなかハードルが高いですね。

 

他にはシンガポールで住宅購入や

起業をすると長期滞在ビザなどが

 

取得できるケースもありますが、

どちらもかなりお金がかかります。

 

シンガポールで暮らすには、

学歴や仕事の経歴、

 

ある程度金銭的な貯えがないと

厳しいかもしれません。

 

海外移住でシンガポールを検討する際には、

こういった条件を踏まえてよく考えてみてください。

 

 

ちなみにシンガポールがこれだけ発展し、

富裕層が住みやすい国になったのは、

 

シンガポールの建国の父

「リークアンユー」の存在無しには語れません。

 

シンガポールの有名人として世界的に

名前の知れた人物ですが、

 

積極的に多くの外国人・移民を

受け入れる政策を行ったことで、

多様性のあるシンガポール文化が生まれました。

 

「シンガポール有名な人」などで

ネット検索すると、

芸能人や著名人を差し置いて最初に名前が出てきます。

 

そのくらい現在のシンガポールにとって

重要な人物であると言えます。

 

 

シンガポールに住む日本人で有名人は?日本からシンガポールに移住したシンガポールに住む日本人、シンガポール在住の芸能人

 

シンガポール移住した芸能人や有名人、

他にはどういった人がいるのでしょうか。

 

まず投資の神様とも呼ばれる

『ジム・ロジャーズ』、

クォンタム・ファンドの設立者です。

 

フェイスブックの共同設立者である

『エドゥアルド・サベリン』も

シンガポール移住者で、

 

シンガポールの中で

6番目にお金を持っています。

 

ニュージーランドの投資家

『リチャード・チャンドラー』も

永住権はシンガポールにあります。

 

設立者・投資家のシンガポール在住率が高いのですが、

調べてみると日本人では

そういった職業の人は特に出てきませんでした。

 

シンガポール在住日本人は

前述の中田敦彦夫妻のように、

 

環境や教育などの面でメリットを感じて

移住するパターンが多いのでしょう。

 

 

シンガポール芸能人、シンガポール有名人…海外移住した芸能人。住むなら仕事は?

 

シンガポールに住むにはどうすればいいか?

 

先にお伝えした通り、シンガポールに住むには、

ある程度お金の貯えが必要になってきます。

 

そしてほとんどの方は、シンガポールに住むには

何かしら仕事に就かなくてはならないと思います。

 

シンガポールへ移住する際に、

仕事はどのように探したらよいでしょうか。

 

シンガポールで現地就職する場合、

一番簡単なのは、日系企業のシンガポール支店に

応募することです。

 

シンガポールに進出している日系企業は多く、

日本語が話せると

優遇されることもあります。

 

ただ、シンガポール移住した日本人の

人気ランキング上位に入る仕事は、

メーカー・商社の管理職、マーケティング、

アナリスト・会計士など専門職、

 

セールスエグゼクティブなど、

英語スキルが必要となります。

 

単にシンガポールに住むことだけではなく、

どんな職業に就き、何ができるのか、

 

どんな能力を伸ばしたいかを

考えてみるとよいと思います。

 

 

またシンガポール移住にあたっての

具体的な費用を見ていきます。

 

まず家賃ですがルームシェアでもひとり8万円程度、

アパートは、一部屋約4~12万円と

幅がありますが築年数が古いものが多いです。

 

夫婦ふたりでシンガポールに移住するとなると、

アパートで約12~20万円前後、

 

コンドミニアムと呼ばれる

高級マンションでは約16万円~と、高めです。

 

年中高温多湿の気候なのでエアコンは常に必須で、

電気代が月2万円を超えることもあります。

 

物価も日本と比較して高いですが、

日本製以外で安くて良いものを選ぶ、

 

外食でなく自炊を大目にするなど、

工夫すれば費用は抑えられます。

 

 

他にシンガポールへ移住するときの

デメリット・注意点を挙げておくと、

 

多民族国家ならではの暗黙のルールに

気を付ける必要があります。

 

移民を受け入れたかつての経緯から、

シンガポールに住むそれぞれの民族や宗教、

慣習、ルールを侵してはいけないとされています。

 

法律で罰則が定められていることもあるので、

注意しましょう。

 

 

実は海外在住の芸能人は意外と多いですが、

シンガポール在住の有名人も

今後増えていくのではないかと思います。

 

日本も住環境としてはかなり良いですが、

芸能人は金銭感覚や考え方が違ったり、

海外の情報により敏感だったりしますので、

 

海外移住すべき理由やメリットが見つかれば、

一般人よりもフットワークは軽そうです。

 

海外に移住した芸能人の移住の

背景や暮らしぶりをチェックしてみるのも

面白いかもしれません。

 

 

シンガポールの芸能人について

 

シンガポール移住のメリット・デメリットや、

芸能人・著名人の移住事情を見ていきました。

 

経済発展の著しいシンガポールで暮らすには、

そのお金の流れや高い水準に

乗っからないと苦労しそうですし、

 

文化の違いやお作法にも

気を付けたいところです。

 

 

ですが、異国の地で仕事に励みたい、

キャリアアップしたいと考える人には、

働きやすく挑戦できる環境ではないかとも思います。

 

そのような志のある人には、

ピッタリの国ではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です