コロナウイルス対策に必要なもの・日用品!買い占め被害に遭うな

新型コロナウイルスの感染拡大は広まる一方で、

1日あたりの感染者数が初めて300人を越えたニュースが報道されるなど、日に日に感染者数が増加傾向をたどっています。

また、プロ野球選手やサッカー選手、タレントなど著名人の方の感染も連日報道され、プロ野球やJリーグなど開幕・再開の目処がまったくみえてこず、休校措置や自粛要請が初めて発表された2月下旬頃よりさらに悪化しているようにすら感じます。

そんな中、各企業・団体は様々なコロナウイルス対策を実施しています。

 

3密(密閉・密集・密接)回避の徹底業務中のマスク着用の義務化就業時間の変更などがその一例です。

 

しかしいくら企業や団体が対策しても、個人個人の対策も必要不可欠です。

そこで今回は、

  • コロナウイルス対策で必要な日用品は何か?
  • 今後のために用意した方がいいもの

についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

コロナウイルス対策で必要な日用品

コロナウイルス対策で必要そうな日用品をまとめてみました!

マスク

 

 

 

恐らくコロナウイルス対策で一番最初に思いつくのがマスクだと思います。

ただ、現状ニュースなど見てもらっても分かる通り、在庫不足が深刻で、近くのドラッグストアやスーパー、コンビニなどに訪れても全く置いてありません。

お値段はややお高めになりますが、ネットショッピングには販売されているので、どうしてもマスクが必要という方はヤフーショッピングやAmazon、楽天などで購入を検討されてはいかがでしょうか?

また最近では、何度も洗って使える布製のマスクも人気です。

現に自分も再利用可能な手作りのマスクを愛用しています。

 

アルコール消毒液

個人的には対策で一番重要かなと感じているアルコール消毒液。

正直、マスクは確かに必要不可欠かとは思いますが、効果にも限度があるように感じますし、品切れが続きマスクが手に入らない人も一定数見受けられます。

やはり一番大切なのは帰宅直後の手洗い・うがい。

いろんな種類があり、お値段もそこまで高くないので、対策としてはもってこいです。

うがい薬

上記のアルコール消毒液同様にうがい薬があるかないかでは結構差があるかと思っています。

しっかりとした対策を取るなら必要です!

また、お値段も高くはないので、購入しやすいかと思います。

除菌スプレー・除菌シート

 

 

 

除菌スプレー・除菌シートも非常に効果大です。

晩ご飯を食べる前に除菌シートでさっと手を拭く、外出帰宅時着ていた服などに除菌スプレーを吹きかける。

こういう一手間が意外と効果あったりしています。

また、除菌スプレーにはIELU(イエル)などの人体にも使用できるスプレーもあるみたいなので、是非コロナウイルス対策に活用してみてください!

今から用意した方がいいもの

 

あなたも記憶に新しいかと思いますが、

「トイレットペーパーがなくなってしまう」というデマ情報からトイレットペーパーの買い占めがおき、一時期品切れが続いていました。

現在では緩和されましたが、それでも近くのドラッグストア等を訪れてみると、品薄状態な店も散見されています。

 

現状、どの商品がこのような状況になるか予測しにくい所ですが、

今のうちにできる限り用意しておいた方が良いものをまとめてみました。

ティッシュペーパーなどのペーパー類

トイレットペーパーの件も踏まえると、ペーパー類は買っておいて損はないと思います。

ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、キッチンペーパー…

また、これからの時期は花粉もひどくなる時期ですので、花粉症の人は特に品切れになる前にそろえておきたいです。

管理人

別に今はトイレットペーパー足りてるから大丈夫

私自身も最初はそう思っていましたが、実際に近くの店舗に行ってみると、本当にないですし「入荷未定」がここ1ヶ月間続いている状況です。

今は一人1つまでと制限はありますが、買い貯めしておいて損はありません。

アルコール消毒液・うがい薬などの衛生用品

対策の所でも述べた、アルコール消毒液などの衛生用品も近い将来品薄状態になりそうな商品と言えるかもしれません。

最悪無くなってしまった場合は、IELU(イエル)などの人体などにも使用できる除菌スプレーを代用するのもありです。

普通に代用ではなく、アルコール消毒液などの併用ならば効果も増しそうな気がしますしね!

お米などの備蓄品

最後に警告のようにお伝えしたい商品です。

「別に今用意する必要はないんじゃ??」
と思われるかもしれませんが、マスコミやネットのデマ情報からトイレットペーパーが一時期店頭から消えたのも事実です。

そうなると、もし外出禁止要請やスーパーマーケットなどが臨時休業などになれば買い占めがおきる可能性も充分にあるかもしれません。

ただ、食材となると日持ちしないものもあります。

なので、こういったことが起きた場合真っ先になくなりそうなのがお米やインスタント食品などの備蓄できる商品ではないかと思います。

さすがに食料品がなくなるというのは想像しにくい、というか想像できないのですが、備蓄できる食材であるなら買っておいて損はないかと思います。

以下の商品は5年間保存がきく食材です。

しかもお湯を必要とするインスタントラーメンとは違って、水のみで召し上がることができます。

実際に医療現場などでは常に備蓄されているものですので、準備していないという方は今のうちに買っておくと良いです

まとめ

今回は、コロナウイルス対策に必要な日用品についてまとめてみました。

正直、無症状・無自覚の方もいるぐらい、どこでどのように感染するかも分からず、対策するのにも限度があるかもしれませんが、今は各個人でできる限りの対策ができたらなと思っています!

それではご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください