ドイツ語で下ネタ!エロいネタ…もしもしはドイツ語のスラング?

 

ドイツ語で

下ネタになってしまう

日本語があります

 

 

電話をかけるときに使う

「もしもし」

 

ドイツでは

下ネタになります

 

 

今回は、

ドイツで代表的な下ネタ

 

ドイツ語のスラング

紹介します。

 

 

ドイツ語で下ネタ。エロのネタなら?

 

ドイツ語で

下ネタになってしまう

日本語があります。

 

 

例を挙げると、

電話をかけるときに使う

「もしもし」です。

 

 

日本語の

「もしもし」は、

 

ドイツの人たちには、

「Muschi Muschi」と

聞こえます。

 

 

ドイツ語で「Muschi」は

二枚貝という意味であり、

 

女性器を表す

エロの隠語なのです。

 

 

このように

ドイツ語の下ネタには、

 

普段

自分たちが使っている

 

言葉が多く

含まれています。

 

 

普段使っている日本語が

 

ドイツ語の

下ネタになる場合があるので、

 

ドイツ人と

会話するときは

注意するようにしてください。

 

 

他にも

ドイツ語の下ネタはあり、

 

話のネタになる言葉

数多くあります。

 

 

ドイツ語の

下ネタの例を挙げると、

 

「Arschloch」や「Geilsau」

などがあります。

 

 

「Arschloch」

アシュラホと読みますが、

 

お尻の穴という

意味があります。

 

 

「Geilsau」

ガイレサオと読み、

 

発情期の雌豚

という意味の

下品な下ネタです。

 

 

普段自分たちが

使っている日本語が

 

ドイツで下ネタになる

場合がありますが、

 

ドイツ語の下ネタにも

色々な種類の言葉があるのが

興味深く自分は感じます。

 

 

ドイツ語の

下ネタを使う場合は

 

周囲の状況に

あわせて使いたいです。

 

ただ

下ネタを連呼するのでは、

 

周囲の人たちへの

迷惑となります。

 

 

でも、

下ネタを使う

 

相手や場所を

しっかりと選べば、

 

話のネタとして

使うこともできると

自分は考えています。

 

 

ドイツ人は

下ネタが好きなので、

 

話のネタとして使えば、

 

お互いの距離が

縮まるはずだと

 

自分は考えています。

 

 

特に日本語の

「もしもし」は

 

ドイツ人にも

有名な下ネタなので、

 

話のネタとして使うのも

ありだと

自分は考えています。

 

 

ドイツ語の下ネタの一覧は、

ネットで検索すると

出てくるので、

 

興味がある人は

一度調べてみましょう。

 

 

 

もしもしはドイツ語?スラングについて

 

日本語のもしもしは

ドイツ人にとって

 

「Muschi Muschi」

と聞こえます。

 

 

「Muschi」は

ドイツ語で

 

二枚貝という

意味があります。

 

 

女性器という意味の

下ネタになってしまうので

注意してください。

 

 

ドイツの街中で

電話をかけるときは、

 

「もしもし」と

連呼しないように

注意してください。

 

 

普段自分たちが

使っている日本語が、

 

ドイツでは

 

下ネタになってしまう

場合があるので

 

怖く感じてしまいます。

 

 

ドイツ語の

スラングとして、

 

「geil(エロい)」という

言葉があります。

 

 

「geil」は

ドイツ語のスラングですが、

 

日本語のスラングである

「ヤバイ」

同じ意味で使われます。

 

 

ドイツ語の「geil」は、

エロいとヤバイの

2つの意味をもっています

 

 

ドイツ人と

会話をしているときに、

 

「geil(エロい)」と

言われると

 

そら耳を疑いたく

なるはずです。

 

 

本当は

 

「ヤバイ」「すごい」と

相手が

褒めてくれているのですが、

 

意味を知らないと

 

そら耳で

誤魔化したくなって

しまいますね。

 

 

ドイツ語のスラングに

「Notgeil」

という言葉があります。

 

 

ドイツ語の

「Notgeil」は、

 

発情期野郎という意味の

下品な下ネタです。

 

 

ドイツ語で

「Kacke」という

言葉があります。

 

 

「Kacke」は

カッケと発音して、

 

日本語で

「くそっ!」という意味です。

 

 

「Kacke」は

日本語の

 

「かっこいい」の略した

発音に似ているので、

 

ドイツ人と

会話をしているときに

使うのは要注意です。

 

 

この他にも、

ドイツ語の下ネタや

スラングは数多くあるので、

 

ネットで検索して

調べてみると楽しいです。

 

 

 

ドイツ語の下ネタについて

 

今回は、

ドイツ語の下ネタについて

紹介しました。

 

 

ドイツ語の下ネタといえば

「もしもし」が有名です。

 

 

日本語のもしもしが

ドイツ人にとっては

女性器と聞こえます。

 

 

ドイツ語の

「Muschi」

二枚貝という意味ですが、

 

 

エロの隠語である

女性器という意味でも

使われます。

 

 

ですので、

 

ドイツの街中で

電話をかけるときなどは、

 

「もしもし」と

連呼するのは

 

なるべく避けるように

してください。

 

 

今回紹介した他にも、

 

ドイツ語の

下ネタやスラングは

 

数多くありますが、

 

使う場所や相手を選べば

 

コミニケションの

ツールとなる

 

自分は考えます。

 

 

ドイツ人は

下ネタが

好きな人が多いので、

 

 

上手に

下ネタを使えば

 

お互いの距離が

縮まるはずだと考えます。

 

 

ドイツ語の

下ネタやスラングは

 

ネットで検索すれば

出てくるので、

 

是非一度

調べてみることを

おすすめしたいです。

 

 

変わった下ネタや

スラングなど

 

面白い言葉が

たくさんあります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。