バリ島に移住の老後…バリ島移住失敗?老後の費用とデメリット

 

バリ島に移住して

老後を過ごすこと

可能でしょうか。

 

 

仕事をリタイアして

南国でのんびり暮らすのは

日本人の憧れですね

 

 

今回は

バリ島移住の

 

メリットやデメリット

紹介します。

 

 

バリ島に移住、老後は?バリ島移住した老後の費用、物価など

 

老後は

 

インドネシアの

バリ島のような南国

 

のんびり

暮らしたいですよね

 

 

バリ島に移住する

メリットのひとつは、

生活費が安いことです。

 

 

バリ島の物価は

とても安く、

 

例えば

地元の屋台であれば

 

一食100円以下で

外食できます。

 

 

家賃も安く

 

1万円以下で

部屋を借りることも

可能ですし、

 

2万~3万円の家賃なら

プール付きの

良い家に住めたりします。

 

 

ただし老後に

 

リタイアメントビザを使って

バリ島に住むのであれば、

 

働くことは

できないので要注意です。

 

 

バリ島移住後に

 

仕事をする、

収入を得ることが

あるならば、

 

就労ビザを

取得する必要があります

 

 

バリ島で

起業するのも

メリットがあります。

 

 

人件費や家賃が安いこと、

 

日本などの

ビジネスモデルを

真似れば

 

比較的簡単に

稼げることなどです。

 

 

起業する場合

 

就労ビザではなく、

投資家ビザなどを

取得する必要があります。

 

 

ただし、バリ島では

 

外国人が

移住、起業して

事業を行う場合は

 

会社を

設立しなければならず、

 

日本円で2千万円程度という

多額の費用がかかります。

 

 

バリ島内に

店舗を持たない

などの方法で、

 

会社を作らず

個人で起業して

稼いでいる外国人もいますが、

 

摘発されたら

違法とされる

リスクがあります。

 

 

バリ島で暮らすのは

どんな感じなのか、

 

移住者のブログを

見てみるのも

 

イメージが湧きやすくて

良いです。

 

 

「にほんブログ村」

などのサイトには

 

バリ島移住者の

ブログもたくさんあるので、

 

興味があれば

覗いてみてください。

 

 

また、海外では

 

医療を受ける場合

全額自己負担になるので、

 

あらかじめ

保険に入っておかないと

 

病院にかかるのに

高額の医療費が

かかります。

 

 

体調不良はもちろん、

事故にあうなど

万が一の事態のため、

 

海外移住には

医療保険の加入は

必須でしょう。

 

 

バリ島移住では

現地医療保険が

おすすめです。

 

 

医療保険については

次の章で詳しく紹介します。

 

 

 

バリ島移住失敗。移住の失敗とデメリット

 

東南アジアなどの

海外移住失敗例は、

 

バリ島でも

たくさんあります。

 

 

バリ島で暮らす

デメリットは何でしょうか

 

 

バリ島の物価は

安いというのが

移住のメリットでしたが、

 

バリ移住するには

ビザの取得などで

 

初期費用は

それなりにかかります。

 

 

また、

たいていのものは安い

バリの物価の例外として、

 

入院などをすると

 

医療費が

とても高額になる点も

 

要注意です。

 

 

バリ島では

医療体制の整備が

進行中ですが、

 

あまりに高度な手術は

島内ではできません。

 

 

移住中にもし

重大な事故などがあれば

 

周辺国や日本に渡航して

治療することになり、

 

さらに

高額の医療費

かかります。

 

 

旅行や移住で

バリ島に来たものの

 

保険に入っておらず

高額請求されて

 

トラブルになった例は

多いです。

 

 

バリ島移住の場合、

海外旅行保険や

 

インドネシアの

国民健康保険は

使えないので、

 

AXAなど

きちんとした会社が

運営している

 

現地医療保険に

加入するのが良いでしょう。

 

 

海外旅行保険は

旅行に行く場合は

おすすめできますが、

 

移住者は

対象にならないので

気を付けましょう。

 

 

日本の

国民健康保険も

 

実は

海外で病院にかかった場合も

保証があるのですが、

 

現地では現金で払い、

日本で

返還する手続きが必要です。

 

 

また、

住民票を国外に移すと

 

国民健康保険も脱退

ということになるので、

長期の移住には向きません。

 

 

バリ島移住後に

仕事をするなら、

 

自分に合った職場に

出会えるかも重要です。

 

 

バリ島で稼ぐために

起業した場合も、

個人で事業を行うなら、

 

前述のとおり

 

法律のグレーゾーンを

いかなければならない点も

 

ストレスになります。

 

 

 

バリ島移住の老後について

 

老後のバリ島移住や、

 

バリ島移住後に

働く場合の

注意点を紹介しました。

 

 

物価が安く

気候も過ごしやすい

バリ島ですが、

 

移住者が住むには

 

様々な点を

考慮しなければ

なりません

 

 

バリ島に限らず

海外移住をする場合は、

 

就業や医療費のルール

 

しっかり把握して

おきましょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。