ビートルズの曲の特徴!ザ・ビートルズ、1962年~1966年、1967年~1970年の曲など年代順で…213曲のリスト、誰でも知ってる曲は?

 

ビートルズの曲の特徴とは

どのようなものでしょうか。

 

今回は、幅広い年齢の方から支持される

ビートルズの曲を、年代別に紹介していきます。

 

 

ビートルズの曲の特徴は?ボーカルの解説、数と映画、歌詞と作曲

 

ビートルズの曲の特徴を考えてみましょう。

 

発表当時、世の中の多くの人が

「聴いたことがない音楽だ」と感じたそうです。

 

それほど世の中に衝撃を与えた音楽は

オリジナリティにあふれ、

 

現在のポピュラーミュージックの基礎を

築いたと言えます。

 

当時の若者の気持ちや意見を、

自分の言葉で表現することは

画期的だったのです。

 

また、ビートルズのもう一つの特徴は

作詞作曲を2人でしているということです。

 

ジョン・レノンとポール・マッカートニーの

共作として発表されている曲が多いです。

 

もちろん、毎回どちらかが

中心になって作っているので、

曲によりそれぞれの個性が現われています。

 

また、当時のバンドはボーカルが中心で、

バックバンドと一緒に歌うというスタイルでしたが、

 

ビートルズは4人の音楽という

イメージであるのが大きな特徴です。

 

 

ビートルズの曲は映画音楽としても

使われています。

 

日本人としては、ビートルズの曲の和訳を

じっくり読むとその魅力が増します。

 

自分も、知っている曲、

聴いたことがある曲は多いですが、

 

あらためてビートルズの曲集を

手に入れて詞の魅力、曲やボーカルの魅力に

浸ってみたくなりました。

 

ビートルズの曲を解説しているサイトも多いので

参考にしてみてください。

 

曲数も多く、歌詞の内容を把握するのは

時間がかかりそうですが、

 

作詞作曲者の気持ちや時代背景も考えながら

聴いてみたいものです。

 

 

ビートルズ(ザ・ビートルズ)1962年から1966年、1967年から1970年の曲など年代順で

 

ザ・ビートルズについて、

1962年から1966年、1967年から1970年の

年代順に考えていきましょう。

 

ビートルズの曲といえば、

「レットイットビー」を思い出す人が

多いのではないでしょうか

 

ビートルズの曲名は

よくわからないという人もいるはずですが、

曲を聴けば「聴いたことがある」と思うはずです。

 

ビートルズの曲名には、

和訳されたものもあります。

 

ビートルズの曲の歌詞を

和訳したものも目にします。

 

ビートルズの曲として人気がある

「イマジン」などは、日本人の多くにとって

少なくとも「聴いたことがある」曲ではないでしょうか。

 

ビートルズの曲のコード進行は、

特に難しいものではありません。

 

ビートルズの曲で有名な

「イエスタデイ」などはギターやピアノで

演奏したことがある人は多いはずです。

 

ビートルズの「ウィズ ・ザ・ビートルズ」は

ビートルズの2作目のオリジナルアルバムで、

 

その曲の中にはジョージ・ハリスンが

作詞作曲した「ドント・バザー・ミー」などが

含まれています。

 

 

ビートルズの曲には、

様々なエピソードがあります。

 

ビートルズが提供する曲は、

そんな彼らのエピソードも含め魅力的です。

 

ビートルズの曲の解説には、

制作過程や時代背景も含まれていて

興味をそそられます。

 

ビートルズの「サージェント・ペパーズ・

ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」にも、

 

一曲だけジョージ・ハリスン作詞作曲の

楽曲が含まれています。

 

ビートルズの「イエロー・サブマリン」という曲は

同名のアニメ映画で使われました。

 

ビートルズは、60年代中頃から

インド音楽やヨガ、瞑想などにの

めり込んでいきます。

 

この頃、インドの楽器シタールも

曲に取り入れています。

 

 

ビートルズの「ビートルズ・フォー・セール」は

4作目のアルバムで、曲はクリスマスに間に

あうように既存の曲も含まれています。

 

 

「なんでも鑑定団で」でも、曲にまつわるもの、

ビートルズ自身にまつわるものが

よく鑑定品として出されていますが、

 

本物なら高額確実という人気ぶりです。

 

 

ドラマ「ドラゴン桜」でも、

ビートルズの曲で英語を学ぶ勉強方法が

紹介されています。

 

それほど有名な曲であり、

若者の心に響く音楽だということです。

 

ビートルズの曲は魅力的なものが多いですが、

元気がでそうな「ハロー・グッバイ」や

 

ビートルズの曲の中でもテンポが速い

「ヘルプ」もおすすめです。

 

 

ビートルズの曲名、213曲のリスト。有名で誰でも知ってる曲、人気の曲をランキング。名曲の一覧

 

213曲のビートルズの曲名を

すべてリストにしてみると、

 

誰でも知ってる曲、名曲と言われる曲が

ずらりと並びます。

 

一覧にしてみるとビートルズには、

聞いたことがある曲が多いとわかります。

 

 

ビートルズの曲の中でも、

有名な曲は得に名曲として歌いつがれています。

個人的には、ビートルズの切ない曲が大好きです。

 

ビートルズの曲は、

知らず知らずのうちに聴いている、

テレビやBGMでよく流れる曲が多いです。

 

 

ビートルズの曲の

人気をランキングにしたものを見ても、

ビートルズのノリのいい曲、

 

スローで切なくなるような曲が

均等にランクインしています。

 

「ビートルズと横断歩道の曲」と聞くと、

あの有名なアルバムジャケットを

思い浮かべる人は多いです。

 

ビートルズの最高傑作とされる

全17曲のアルバム「アイビー・ロード」です。

 

ビートルズのメンバーには、

大麻で逮捕された人もいますが、

その曲に罪はありません。

 

しかし、ビートルズのロックな曲には

世界中にファンがいて、

影響を受けた人も多いので残念なことではあります。

 

 

ビートルズのマジカルミステリーツアーの曲は?ラバーソウル、アビイ・ロードの曲

 

ビートルズの「マジカルミステリーツアー」は

同名の映画の主題歌で、この曲は、

 

不思議なミステリー・ツアーへの参加を

呼び掛ける曲として有名です。

 

ジョンとポールの合作とされていますが、

本人たちの話によるとほとんど

ポール・マッカートニーの作詞作曲のようです。

 

 

ビートルズの「ラバー・ソウル」は、

1965年12月から全英アルバムチャートに

42週もの長い間ランクインしています。

 

ポップ・ミュージックの歴史の中でも、

特に偉大なアルバムとして

度々話題になるほどです。

 

アルバム「アビイ・ロード」で有名になった

イギリスの横断歩道は、観光スポットになっています。

 

レコーディングに使用した

アビー・ロード・スタジオ前にある

 

特に特徴のないこの横断歩道が、

世界中の人に注目されることになるとは驚きです。

 

 

まとめ

 

現代の音楽、バンドに影響を与えた

ビートルズは偉大です。

 

今回挙げられた曲名を久しぶりに目にして、

しばらくビートルズの世界に

浸ってみたいと思った方は多いのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。