岡江久美子のコロナ感染経路が不明!?公表を控えていた理由は?

2020年4月23日に女優の岡江久美子が新型コロナウイルスの影響で亡くなったことがわかりました。

 

岡江久美子のコロナ感染経路が明らかになっていない他、

「いつの間にかコロナにかかっていたんだ??」

という驚きもあります。

  • 岡江久美子のコロナ感染経路はどこなのか?
  • コロナ感染の公表を隠していたのか?

今ある情報をまとめ、考察してみました。

スポンサーリンク

岡江久美子のコロナ感染経路が不明!?

岡江久美子のコロナの感染経路がどこなのかかなり気になります。

 

ここ最近の岡江久美子の過ごした様子ですが、

4月3日に発熱を確認

4月6日に容態が急変し緊急搬送。検査を行うと陽性反応と確認。

4月23日に亡くなりました。

 

4月6日時点でコロナウイルス陽性反応ということは確認はできておりますが、いつどこで感染したのかは不明となっております。

 

実際に、ここ最近のニュースをみても

突然亡くなった男性が死因(変死)を調べてみたらコロナウイルス陽性だったということも判明しております。

 

感染経路が不明であるということと同時に、感染したことすら最初気づかないこともよくあるのでしょう。

 

岡江久美子は2019年末に初期の乳がん手術を受けていました。

2020年に入り、放射線治療を行っていたということで、

「免疫力が低下していたことで重症化してしまったのでは」

と事務所がコメントしています。

 

そして、ここは考察になるのですが、

乳がんの定期検診で通院しているところにコロナウイルスを拾ったのではないかなと考えられます。

スポンサーリンク

岡江久美子のコロナ感染公表を隠していた理由は?

 

意図的に隠していたのか、正直、不明ではありますが、あえて隠していたこともあるのでしょうか??

 

もしあえて隠していたというのであれば、

「周囲や世間の人々を心配させない」岡江久美子の気遣い

なのではないでしょうか。

 

明るいイメージの岡江久美子の人物像を崩しかねない「コロナ感染」という報道。

 

本人のためにも、そして家族や事務所のためにも、

「迷惑はかけられない」という強い正義感から公表をあえて控えていたのかなと思います。

 

岡江久美子の実際の性格や人柄については正直知りませんが、テレビを見る限りの印象からそのような意図があるのではないかと考察しました。

岡江久美子の生前のプロフィール

 

名前:岡江久美子(おかえくみこ)
生年月日:1956年8月23日
年齢:63歳(2020年4月現在)
出身:東京
身長:156センチ
学歴:鴎友学園女子高校卒

昔の若い頃の写真を見ていると本当に美しい方で、大和田獏との結婚式の様子は本当に女性として輝いていました。

参考 岡江久美子の2019年現在の姿!若い頃も美人でかわいい【画像集】Let it be

まとめ

岡江久美子のコロナ感染経路や公表を控えていた理由についてまとめてみました。

感染経路や公表を控えていた理由については、本人や家族しか知らないことかもしれませんが、

このニュースから学べることは、
コロナに感染しそうな環境に飛び込まないということ。
コロナ疑いがなくても、マスクをするなどのエチケットを行うこと。

外出自粛が続いている中、自宅にいることが多くなってきますが、有意義に過ごす時間はたくさんあります。

この記事を見ているあなたも自分自身の体を大切にして欲しいと思います。

参考 コロナ休みの暇つぶしに無料でできる過ごし方ランキング!子供から大人までLet it be
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください