東京オリンピック延期でもチケットはそのまま使える?払い戻し・返金は?

世界中に感染拡大している新型コロナウイルス。

その影響は東京オリンピックにも大きく影響しています。

「予定通り開催か」・「延期か」・「中止か」

コロナウイルス感染拡大以降、揺れに揺れていた東京オリンピックの行方は、3月24日の安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長による電話会談で、東京オリンピックを1年程度延期する方針で一致しました。

「延期」が正式に決定した中で疑問に残るのが、購入したチケットの行方です。

せっかく苦労して手に入れたチケットが使えなくなるのは非常に辛いところです。

そこで今回は、
延期が決定したチケットはそのまま使えるのか?払い戻し・返金はできるのか?について調べてみました!

スポンサーリンク

東京オリンピック延期でもチケットはそのまま使える?

まず、東京オリンピックが延期したことにより確保していたチケットは使えるのか?という問題ですが。

現段階では、大会組織委員会はチケットの取り扱いについて「今後協議する」にとどめており、後日改めて発表することにしています。

ですが、購入済みの観戦チケットの権利は維持される可能性が高そうです!

ただ、観戦ツアーなどの交通機関やホテルなどがセットになっているものに関しては、使えず払い戻しになる可能性が高いみたいです。

その他に心配点として、「来年度に延期しても同じ会場が使えるのか?」」という問題もあります。

大きな会場などは来年度の予定も埋まっているケースも多く、予定していた会場を来年度も抑えられるのか非常に気になるところです。

同じ会場ならば座席などの変更もないのですが、他会場になってしまった場合そうもいかないので、そこら辺の対応もどうするのか?今後協議する形だと思います。

東京オリンピック延期ならチケットは払い戻し・返金できる?


そして、気になる東京オリンピック延期の場合のチケットの払い戻し・返金についてですが、大会組織委員会が定める規約によりチケット購入者への払い戻しは出来ない見通しとのことです。

「当法人が東京2020チケット規約に定められた義務を履行できなかった場合に、その原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません」

と、規約に明記されています。

そして「不可抗力」には、「天災、戦争、暴動、テロ、公衆衛生に関わる緊急事態…」など当法人のコントロールの及ばないあらゆる原因のことと定めています。

新型コロナウイルスが原因で延期となった場合、規約の「公衆衛生に関わる緊急事態」にあてはまる為、事実上チケットの払い戻し・返金は不可能だと思われます。

ただ、上記で述べた通り「今後協議する」ということから、払い戻し・返金なども対応してくれるようになるかもしれません。

ただ、現段階では払い戻し・返金不可と捉えていた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東京オリンピックの延期によるチケットは使えるのか?払い戻し・返金はできるのか?について調べてみました!

自分自身プロ野球のチケットが使えなくなり払い戻し・返金はできるのか?など気にしていた事もあり、とても気になる内容でした!

東京オリンピックの延期が正式に決まり今後のチケットの行方がどうなるかは分かりませんが、今はまだ保管しておき、正式に決まったときに対応できるようにしておきたいですね。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください