中森俊介(明石商業)の球速や球種は?ドラフト進路予想や評価も!

2020年の高校野球で注目の選手の一人である
明石商業の中森俊介選手

世代最強の投手と言われるほど、注目されている選手で、今からもドラフト進路が楽しみな選手です。

今回はそんな中森選手のプロフィールや甲子園戦歴を紹介しつつ、
球速・球種やドラフト進路の予想や評価についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

中森俊介選手のプロフィール

中森選手のプロフィール

氏名:中森 俊介(なかもり しゅんすけ)
生年月日:2002年5月29日
出身:兵庫県篠山市
身長:182cm
体重:83kg
投打:右投左打
ポジション:投手
出身中学:三田ボーイズ(篠山市立篠山東中)→明石商業

中学3年時には最速138キロをマークしており、明石商業の練習を見学して進学を決断したそうです。
高校では1年夏から甲子園の土を踏んだ経験があります。

2019年には、2年生エースとして甲子園春・夏ベスト4に導く立役者の一人となりました。

スポンサーリンク

中森俊介選手の球速・球種は?気になるプレイスタイル!

中森選手の最高球速は151キロ
(2020年1月現在)

球種は
・チェンジアップ
・カーブ
・スプリット
・スライダー

などなど、多彩な変化球を投げる事ができ、変化球の精度・ストレートの伸び共に申し分ない投手です。

特にスライダーを得意球としており、キレのあるスライダーに伸びのあるストレートとの組み合わせは圧巻の一言です。

また、中森選手自身「160キロを投げるのが夢」と語っています。

一冬越えて3年生になった中森選手が春の選抜で160キロを投げる姿を私自身見てみたいなと感じてしまいます。

データから見る中森選手!甲子園戦歴!

中森選手はこれまでに1年夏・2年春・2年夏と3度甲子園の舞台に立っており、2年時には春夏共にチームをベスト4に導く活躍をみせています。

そんな中森選手の甲子園戦歴ですが

戦歴 1年夏:一回戦敗退 / 2年春:ベスト4 / 2年夏:ベスト4
投球回数 8試合53回1/3イニング
防御率 2.53
奪三振 47
四死球 23

 

コントロールに関してはやや難があるようにはみえますが、

中森選手の特徴は、ピンチになっても得点を与えない粘りの投球です。

また、2019年春の選抜2回戦大分高校戦ではホームランを放つなど打撃も非凡なセンスを感じさせます。

スポンサーリンク

中森俊介選手のドラフト進路予想と評価!

既にプロ複数球団からドラフト上位候補の太鼓判を押されている中森選手。

現在のところまだプロか進学かは明言していませんが、私の希望としてはやはりプロに行ってほしいというのが本音です。

個人的にもすでに中森選手は完成形に近い投手だと思っているので、プロの世界に早く慣れてほしいという思いです。

地元の阪神やオリックスがすでに中森選手を狙っているかもしれません。

各球団の評価をまとめてみると

中日スカウト
 「腕の振りがよく、力だけでなく球に伸び、キレもある。
高校生では抜けています。
さらに体に力がつけば、もうワンランク上の球を投げられるでしょう。期待しています」

巨人スカウト部長
 「体全体に張りがあって、全球全力ではなく、その先を見据えた投球ができる」
 「2年生なら、この投手。球威がある」

オリックス口スカウト
 「昨年よりも一回り体も大きくなり、それに比例してボールの強さ、キレも増してきている。
まだまだ伸びしろがあるし、来年ドラフトで上位に入る力は十分あると思う」

まとめ

注目されている中森俊介選手ですが、2020年が最終学年です。

ピッチングをみせてくれるのか、一冬越えて球速はアップしてるのか、そんな期待と注目を抱きつつこれからの中森選手について注目して行きたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください