中村哲にノーベル平和賞・国民栄誉賞を授与?安倍政権の対応は?

アフガニスタン東部で復興支援を続けるNGO「ペシャワール会」の現地代表を務める医師の中村哲さん亡くなった報道がありました。

アフガニスタンに多大なる貢献をした人物だっただけに悲しみでいっぱいです。

望むのであれば、中村哲さんをノーベル平和賞や国民栄誉賞に選ぶことはできないのでしょうか。

亡くなった方が受賞できるのか調べてみました。

スポンサーリンク

中村哲はノーベル平和賞・国民栄誉賞を授与できる?

まずそれぞれの内容についてまとめてみたいと思います。

ノーベル平和賞の選考基準は?

ノーベル平和賞とは

ノーベル平和賞は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された5部門のうちの一つ。

選定基準、方式は以下の通りです

選考はノルウェーの国会が指名する5人の委員と選考を取り仕切る1人の書記で構成されているノルウェー・ノーベル委員会が行われます。

そして、各国に推薦依頼状(通常非公表)を送り、推薦された候補者より選ばれる仕組みです。

ただし、条件もございます。

・個人の場合は生存していること、組織の場合は現存すること

この条件によれば、亡くなった中村哲さんは受賞できないです。

亡くなった後に、受賞されたダグ・ハマーショルドは生前に授与が決定していたために受賞されました。

国民栄誉賞の選考基準は?

国民栄誉賞とは

国民栄誉賞は、日本の内閣総理大臣表彰のひとつ。
当時の首相・福田赳夫により創設された。
これまでに26人と1団体が受賞している

選定基準・流れは

1.首相が候補者を推薦
2.民間有識者の意見を聞く
3.決定
4.表象

となります。

ということは、現首相の安倍総理が候補者として推薦してくれれば、受賞する可能性は非常に高いです。

スポンサーリンク

安倍政権の対応は?

中村哲さんはノーベル平和賞候補者として名前が挙がっていましたが、既に亡くなっているので受賞は厳しいかもしれません。

でも、国民栄誉賞は安倍首相の推薦で今からでも選ばれる可能性がございます。

安倍首相の対応はどうなるのでしょうか。

おそらく安倍首相は何もしないと思われます。

その理由は、安倍首相がしようとしている憲法改憲を中村哲さんは真っ向から否定していました。

改憲しようとしている安倍首相にとっては面倒な存在だったのに違いありません。

そんな中村哲に対して国民栄誉賞の推薦をするのかというと立場を考えてしづらいのかなと思います。

逆に安倍首相が候補者として推薦したら、世間の考えも一気に変わる気がしますが。

スポンサーリンク

まとめ

中村哲さんがノーベル平和賞・国民栄誉賞を受賞できるかについてまとめてみました。

結論、いづれの賞も受賞することは難しいかもしれません。

かろうじて受賞できそうな国民栄誉賞は安倍首相の対応次第になります。

こんなにも功績を残した中村さんを受賞させなければ誰が受賞するのでしょうか。

どうにか中村さんを受賞させたいという気持ちです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください