矢地祐介はおのののかと同じ出身中学校!格闘技の戦績・経歴は?

格闘家の矢地祐介さんが話題になっています。

矢地祐介さんについて調べてみると、実はタレントのおのののかと同じ中学校ということがわかりました。

今回はそんな矢地祐介さんについて調査したことをまとめてみました。

スポンサーリンク

矢地祐介のプロフィール

名前:矢地祐介(やちゆうすけ)
通称:KRAZY BEEのお祭り漢
生年月日:1990年5月13日
年齢:29歳
出身:東京都文京区
身長:176cm
体重:70キロ
職業:総合格闘家
出身大学:専修大学法学部卒業

矢地祐介はおのののかと同じ中学?

どうやら矢地祐介さんはタレントのおのののかさんと同じ中学校ということが判明しました。

二人の出身中学は文京区第一中学校

年齢からして矢地祐介さんがおのののかより1個上の学年になります。

とある格闘番組

1個下にかわいい子がいるって、話題になってたから(おのののかを)知ってたっすね~

と矢地祐介さんはコメントをしていました。

続けざまに、ケンドウ・コバヤシが、おのののかさんに

「おのさんは(矢地選手)のこと知ってましたか?」
と質問すると

「はっ、はい。」と曖昧な返事をしていたそうです

スポンサーリンク

矢地祐介の戦績・経歴は?

矢地祐介さんは東京都文京区の都会で生まれ育ちます。

小、中学校時代は野球部に所属していたそうです。

高校への入学は野球推薦で内定していたそうですが、何かの手違いで推薦がすでに埋まってしまっていたらしく、それが原因で野球から離れたそうです。

キックボクシングを2ヶ月暗い経験した後、MMA(総合格闘技)を習うことを決意し、山本KIDさん主催で現在の所属ジムでもあるKRAZY BEEに入門します。

これまでの戦績・経歴についてまとめてみますと

戦歴
2008年:全日本アマチュア修斗選手権ライト級(-65kg)で優勝。

2012年:修斗環太平洋ライト級チャンピオン決定戦で美木航と対戦し、判定勝ちを収め王座獲得

2013年:修斗環太平洋ライト級チャンピオンシップで星野勇二と対戦し、判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2013年:VTJ 3rdでリオン武と対戦し、判定勝ち。

【RIZIN】
2016年:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX
無差別級トーナメントマリオ・シスムンドと対戦し19秒でKO勝ち

2017年:RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-
ダロン・クルックシャンクと対戦し、右フックでKO勝ち。

2017年:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND
北岡悟と対戦し、スタンドパンチ連打でTKO勝ち。

2017年:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND
五味隆典と対戦。右フックでダウンを奪われたものの、三角絞めで一本勝ち。

2018年:RIZIN.10
ディエゴ・ヌネスと対戦し、2-1の判定勝ち。

2018年:RIZIN.12
ルイス・グスタボと対戦し、右フックでKO負け。RIZIN初黒星を喫した。

2018年:RIZIN.14
ジョニー・ケースと対戦し、カットによるドクターストップでTKO負け。

2019年:RIZIN.17
朝倉未来と対戦し、3-0の判定負け。

簡単にまとめますと、
29戦20勝9敗という結果を残しています。

2019年11月には、女優の川口春奈さんと交際報道がありました。

もしかしたら結婚も間近かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は矢地祐介さんについてまとめてみました。

・おのののかと同じ文京区第一中学出身
・格闘家の実績は29戦20勝
・もともと野球→キックボクシング→総合格闘技を経験

最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください