サントリーミルクティー|賞味期限はどのくらい?回収前に飲んだ人の健康被害は?

紅茶飲料「サントリークラフトボスミルクティー」の一部商品に微生物が残存した恐れがあるとして、自主回収すると発表しました。

私自身もこの商品が好きで、数ヶ月前まで飲んでいたのですが、

回収される前に飲んだ人ってどうなるのでしょうか?

サントリーのミルクティーの賞味期限と併せてこれまでの健康被害による報告やサントリーの対応についてまとめてみました。

スポンサーリンク

いつ頃販売されたものが対象?賞味期限は?

まず、今回回収対象となったミルクティーは賞味期限が2020年8月/JJと記載されているものが対象となっているようです。

そもそも、ミルクティーの賞味期限がどれくらいの期間あるのかわからないといつ頃販売されたミルクティーなのか逆算することはできません。

例えば、紅茶の賞味期限を調べてみると

▼開封後
3ヶ月以内

▼未開封
缶入りのリーフティー:約3年
紙包装のティーパック:約2年
アルミ包装のティーパック:約3年

2020年8月が賞味期限のミルクティーであれば未開封の状態で10ヶ月くらいだと予想することができます。

となると今回の回収対象となるミルクティーは2019年10月以降に発売されたものでは無いでしょうか??

スポンサーリンク

回収前に飲んだ人の健康被害は?

回収前に飲んだ人の健康被害について調べてみました。

このミルクティーが原因?で下痢している人もいれば、味が若干変わったのでは無いかと感じている人も中にはいました。

サントリーは現時点まで、「これまでのところ健康被害に関する報告は無い」と報告しています。

スポンサーリンク

サントリーの今後の対応は??

管理人

サントリーって健康被害に遭われた方にどう対応するのだろうか?

回収前に飲んでいて、お腹に激痛が走っていた人も中にはいるのかもしれません。

この場合、原因が分かりづらい腹痛もサントリーはどのように対応するのでしょうか。

今の時点では、このサントリーのミルクティーが原因で下痢にあった人や健康被害の報告は出ていませんのでおそらく何もしないでしょう。

賠償金等も払うことはないと思われます。

まず、今回の微生物がなんなのかも判明できていないので、一概のミルクティー飲んだからお腹下したという結果は考えづらいのだと思います。

まとめ

今回はサントリーのミルクティー回収についてまとめてみました。

・今回回収対象となったのは2019年10月以降発売のミルクティー
・今の所健康被害はないが、下痢をした人や味に変化を感じていた人はいた

今回の件で新たに情報が入り次第、追記します。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください