ジャニー喜多川の逸話・面白エピソード!男好きで掘られる人もいた?

2019年7月9日、ジャニー喜多川が亡くなったニュースはとても衝撃的なものでした。

「嵐」や「SMAP」、「kinki-kids」など数々のスターをジャニーズ事務所から輩出させたジャニーさんには数々の逸話があります。

今回はその逸話を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ジャニーさんは男好きだった??

1960年頃から、ジャニーさんが同性愛者なのではないか?という噂が広まっていたようです。

元フォーリーブスの北公次氏は、『光GENJIへ』の中で、ジャニーさんから受けた性的行為を生々しい表現で描写しています。

また、元ジャニーズの平本淳也氏ジャニーさんからセクハラを受けたとして、『ジャニーズのすべて―少年愛の館』鹿砦社、1996年(平成8年)を執筆しています。

しかし、これらに対してジャニーさんは、名誉棄損だとして裁判を起こし、結果として損害賠償を勝ち取っています

ジャニーさんが同性愛者であるといった結論は下すことが難しいようです。

詳しく知りたいという方がいらっしゃれば、北氏や平本氏の著書をチェックしてみるとよいでしょう!

どちらにせよ、多くのジャニーズ事務所のタレントから親しまれているジャニーさんは、人間としてとても魅力的だったと言えるでしょう。

先日は国分太一がニュース番組の中で涙を流しているシーンもありました。

多くの方から愛された人だったんだろうなと感じています!

スポンサーリンク
      

・タレントを「YOU」と呼ぶ理由とは?

「YOUやっちゃいなよ!」と有名なセリフで有名なジャニーさん。

実はジャニーさんがタレントのことを 「YOU」と呼ぶのは、名前が覚えられないからだそうです。

管理人

え!?名前を覚えられない??

ちょっと衝撃的な話ですが、若い頃アメリカで過ごしたことのあるジャニーさん。

英語では相手のことを「YOU」というので、つい癖でそのように言ってしまうんだとか。

ジャニーさんによると、不意に「Ouch!(アウチ!)」と口から出てしまう感覚と同じだと言います。

登録タレント数もかなり多いジャニーズ事務所。ジャニーさんに言わせると「日本はめんどくさい。」

しかし、「関ジャニ」の横山裕に関しては、他のタレントを「YOU」と呼ぶときに「ゆう」と呼んでいるのと紛らわしいため、「ヨコ」と呼んで区別をしているそうですよ。

「ヨコ」と呼ばれていた横山裕

スポンサーリンク
 

タレントを坊主にさせたがる

「最近の若い男の子はみんな一緒に見える」と言葉を漏らしていたジャニーさん。

その理由は、髪の毛がみんなおなじに見えるから。

だから「坊主の方が個性が出る。」と考えているジャニーさん

管理人

坊主の方が一緒に見えそうなのだが・・・

ジャニーさんは、
「髪の毛でごまかしてしまうのはもったいない。坊主にした方がありのままがでるため、坊主の方が好きだ」といいます。

昔は、「マッチ」や「東山紀之」も坊主だったのだとか。

本当はジャニーズのタレントも坊主にしたいと言ってたそうです。

タレントの外見よりも中身を気にするジャニーさんだからこその考えなんでしょうね。

      

まとめ

今回は、ジャニーさんの逸話と男好きなのか?について紹介をしてきました。

・タレントを「YOU」と呼ぶのは、英語の癖でついでてしまうから
・ジャニーさんは、坊主の方が好きで、その方がありのままが出ると考えている
・ジャニーさんの男好きについては噂はあったが、確かなことは分かっていない

これらの点が明らかになりました。
今後もジャニーさんの遺産であるジャニーズ事務所のタレントの芸能界での活躍に期待したいと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください