当て屋の椿のネタバレ!平太郎と妊娠、笹百合や茜、尼寺と椿の過去のネタバレ…セリ、6巻・3巻・1巻・17巻・2巻やイノ

 

当て屋の椿が相当面白いと話題。

 

 

今は、漫画を読むなら電子書籍が快適です。

 

当て屋の椿を読むなら下記をクリックしてください↓↓↓


スマホやタブレットがあれば

どこでもすぐに漫画を楽しめます。

 

 

日本のアニメやコミックの人気は、

国内のみならず、

海外へも広がっています。

 

大きなイベントが開かれたり、

販売部数やグッズの売り上げも

年々伸びています。

 

自分も海外で、日本人だというだけで、

アニメの話を全く知らないアメリカ人に

熱弁されたことがあります。

 

そんなアニメブームの中、

今話題になっている漫画を見ていきましょう。

 

 

当て屋の椿のネタバレ!平太郎や妊娠、笹百合や茜、尼寺や椿の過去のネタバレ最新。セリやイノ、篝…完結や桔梗のネタバレと広告

 

コミックの累計販売累計115万部を超える

人気漫画の、当て屋の椿について

お話していきます。

 

江戸を舞台にしたお話で、

エロい場面やグロい場面が

混ざり合ったミステリー漫画です。

 

著者は川下寛次先生です。

 

前作は、「杏子ボンバイエ!」も

エロく痛快なコメディ漫画となっています。

 

今回は、当て屋の椿の平太郎について

詳しくお話していきます。

 

 

平太郎とは、鳳仙の幼名です。

男子禁制の尼寺で、

 

尼層が妊娠してしまうという

不思議な事件が起きます。

その尼層の名前が笹百合です。

 

茜という男の子が鳳仙の前に現れたり、

突然神隠しにあったりという

ミステリアスな事件も起こります。

 

尼寺で起こる事件も物理的に

ありえない状態で起こる事ばかりです。

 

椿の過去に、親友の篝が出てきますが、

とても悲惨な形で殺されてしまいます。

 

最新号でも、篝の過去については

まだ公開されていません。

 

セリたちと一緒に生活していた

ハルという少女が、

篝の幼少期なのではないかという説もあります。

 

 

イノは、実際には死亡しておらず、

長屋の仲間入りを果たします。

 

篝は右目を閉じると千里眼のように、

なんでも見えてしまうという

能力を持っています。

 

完結はまだまだ先で、

これからも連載が続いていきます。

 

寺子屋の桔梗は、急に愛犬と

川に飛び込んで死んだという、最後でした。

 

広告に出ている内容と本編が違い過ぎて、

違う漫画だと思ったという意見もあります。

 

当て屋の椿ネタバレ、

コヅチはイノの父親が違う妹です。

 

当て屋の椿のネタバレ、

セリは島で3,300人ほどの人たちと

椿も一緒に生活することになりました。

 

当て屋の椿に関して椿の過去の

ネタバレは13巻で公開されています。

 

当て屋の椿のネタバレ、

深山は鳳仙のことが大好きな

可愛らしい少女ですが、

 

34話の「喰う者、喰われる物」で

登場します。

 

漫画当て屋の椿のネタバレは、

正直説明が難しいです。

 

当て屋の椿が夜に鳴くのネタバレは

11巻に出てきます。

 

当て屋の椿の人形細工師の

浄瑠璃のネタバレは、

2巻心中事件の回で明らかになります。

 

当て屋の椿ネタバレ、

馬喰の屋敷で大量奇怪死が起きます。

 

当て屋の椿ネタバレ、

11巻の夜鳴くに武士として厳しい、

威厳のある父が登場します。

 

猿猴花を捉う当て屋の椿のネタバレは、

1年以上ぶりの連載再開でした。

 

当て屋の椿のネタバレ、

神の棲む山は、5巻で、

怪奇な事件が次々と起こります。

 

当て屋の椿ネタバレ、

楓は17巻で登場するのですが、

楓と思っていた人は全くの別人でした。

 

当て屋の椿の蚕の家のネタバレは、

4巻が一冊まるまるこのお話に

費やされています。

 

当て屋の椿のネタバレ、

孔雀とは大変な病を持っており、

 

自分の中にたくさんの人格を

持っている少女です。

 

当て屋の椿のネタバレ、

コマは桔梗の愛犬で、

一緒に川に飛び込んで死んでしまいます。

 

当て屋の椿のネタバレ、

棕櫚は椿の古い友人で篝とも仲がいい、

白い短髪に右目に眼帯がある男性です。

 

当て屋の椿のネタバレ、

たてがみはツヅミが持ち合わせているもので、

 

本当にたてがみのように

首から背中にかけてあるのです。

 

当て屋の椿のネタバレ、

チドリは双子の子を持ち、

こちらも、たてがみを持っている女性です。

 

当て屋の椿のネタバレ、

父親の姿を見て、奪われた悦の耳を

 

取り戻してほしいと当て屋に

依頼してきたのは、鳳仙でした。

 

当て屋の椿のネタバレ、

ちどりはある青年と出会い、

口止めをされながら体を重ね、

 

子を身ごもりますが、

その頃にはその青年は

どこかへ行ってしまいました。

 

当て屋の椿のネタバレ、

尼寺に潜む怪物では、

 

奇妙な物理的に

ありえない事件ばかりが起きます。

 

当て屋の椿のネタバレ、

9巻では天網という題名で、

篝を襲う託宣の衝撃の死が描かれています。

 

当て屋の椿のネタバレ、

仏の子が生まれたと大騒ぎになり、

 

都合が悪くなる人たちにより、

笹百合は子供を堕されそうになります。

 

当て屋の椿の漫画のネタバレは、

数々起こる事件から、

 

繰り広げられる人間模様を

紐解く必要があります。

 

当て屋の椿のネタバレ、

耳を取り戻すために鳳仙は、

当て屋に依頼をします。

 

 

当て屋の椿では

その耳についてのネタバレは

まだ発表されていません。

 

当て屋の椿のネタバレを

無料で読みたい方は、

 

ネットで検索するとたくさん出てきますので、

ご参照ください。

 

 

当て屋の椿のネタバレ、

侘助はある因縁があり、

その相手との話が16巻に登場する。

 

当て屋の椿のネタバレ、

下人ですが、鳳仙の実の母親と

途中で姿を消しています。

 

当て屋の椿のネタバレ、

 

御仏の子を宿した女が出て来るのが

尼寺に潜む怪物で、

これは長編エピソードとなっています。

 

当て屋の椿の次郎のネタバレは、

17巻に掲載されており、

連続殺人事件の本質を見ることができます。

 

当て屋の椿のネタバレ、

あがほとけ編は9巻で

クライマックスを迎えます。

 

当て屋の椿のネタバレ、

シュロは椿の古くからの知人で、

白い短髪に右目に眼帯をしている男性です。

 

 

当て屋の椿のネタバレ。6巻や3巻、1巻や17巻、2巻、4巻など

 

当て屋の椿の登場人物を元に、

ここまであらすじをお話してきました。

 

次々と起こる怪奇な事件と

そこに関係してくる様々な特徴を持った

登場人物たちの人間模様が描かれています。

 

ここまで話題になったのは、

エロスティックなシーンの多さと、

 

グロテスクな事件が次々と起こり

展開していく内容です。

 

そしてそんな中にある人間同士の友情や

家族との絆も描かれており、

人情的にも熱い物語となっています。

 

多くの人たちの心を掴んだのは、

そんな激しい想像できないような展開が

次々に起こることでしょう。

 

ここからは単行本コミックで

発売されている当て屋の椿を、

テーマごとに見ていきましょう。

 

テーマごとに事件が起こり、

また新たな登場人物が登場し、

話は徐々に繋がってゆきます。

 

 

当て屋の椿のネタバレ、

11巻は「夜鳴く」がテーマで、

 

鳳仙の住んでいる屋敷で

謎の出来事が次々と起こり、

 

鳳仙の若い頃のある事実が

明らかになっていきます。

 

当て屋の椿のネタバレ、13巻では、

当て屋の椿の過去についての

ストーリーになっています。

 

当て屋の椿の8巻のネタバレは、

「あがほとけ」がテーマで、

椿がとても大きい謎に挑んでいく物語です。

 

当て屋の椿の最新刊のネタバレは17巻で、

篝の若い頃の事実が判明し、

 

そして篝の住んでいる屋敷で

謎な出来事が起こります。

 

 

当て屋の椿のネタバレ、

一巻は椿が次々に起こる事件を解決していく、

展開が読めないミステリーです。

 

当て屋の椿のネタバレ、

2巻は人形浄瑠璃が

主役のストーリーなっていて、

 

次々と謎の出来事が起こっていきます。

 

当て屋の椿のネタバレ、

3話はコミックの1巻に収録されています。

 

当て屋の椿のネタバレ、5巻は

「神の棲む山・神隠しの山での

10年前の悲劇」がテーマになっていて、

 

ある少年が長屋に訪れてきてから

次々に悪いことが起こっていきます。

 

当て屋の椿のネタバレ、7巻は

「盗人草・死者が動き、殺す町」がテーマで、

このコミックの中でも長編になっています。

 

当て屋の椿のネタバレ、四巻は

「喰う者、喰らう者・

口蓋に咲く浄化の華」が

 

テーマとなっていて、

蚕の家を舞台に奇怪な殺人事件が起こります。

 

 

6巻は「神の棲む山」の

クライマックスを迎えます。

 

現在、17巻までが発売されており、

18巻の発売予定日などは

まだ発表されていません。

 

 

当て屋の椿のネタバレ、平太郎についてのまとめ

 

当て屋という現在で言う

探偵事務所のような仕事をしている椿と、

 

春画絵師の篝が次々に

事件に巻き込まれていく

ミステリーコミックです。

 

男女のエロいシーンや、

奇怪事件のグロテスクなシーンもあります。

 

 

しかし登場人物たちの、

人間関係や歴史が明らかになっていくと、

新しい事実が浮かび上がってきます。

 

次々起こる奇妙な事件を、

解決しながら展開していく

ミステリーコミックです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です