Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

関西電力金品受領問題の内容をわかりやすく!誰に責任がある?

関西電力の経営幹部が、原発のある福井県高浜町の元助役から金品計約3億2千万円分を受け取っていた問題が明らかになりました。

連日話題になっていますが、何がどう問題なのか正直複雑なところがあります。

今回はその関西電力金品受領問題を少しでもわかりやすく解説してみたいと思います

スポンサーリンク

関西電力金品受領問題の内容をわかりやすく解説

まずは登場人物を紹介していきましょう。

関西電力

色々金品を受け取った人物がいると言われていますが、ここでは「関西電力」とまとめておきます。

森山栄治

福井県高浜町の元助役で関西電力に金品を渡した人物と言われています。

ちなみに既に亡くなっている人物です。

吉田開発ほか

吉田開発株式会社ほか、複数社が関係しているとありますが、ここではまとめて「吉田開発」とまとめておきます。

大きく分けてこの3つの登場人物がこの問題に関わっています。

そしてこの登場人物の関係を簡単な図で表してみました。

関係図

この問題の結論を述べると

元助役の森山栄治が関西電力の経営幹部に対して金品を渡し、関西電力は森山栄治が顧問を務める吉田開発ほか、仕事を発注させるという流れになっています

一言で言えば、賄賂ですよね。

もう少し詳しくみていきましょう。

超重要人物の森山栄治

森山栄治

この問題のキーパーソンとなっているのが森山栄治。

どんな人物なのか簡単に説明しますと、

・1928年 福井・高浜町生まれ
・1969年 高浜町役場に入庁
・1974~1975年 高浜原発1・2号機 運転開始
・1977年 同役場 助役に就任
・1985年 高浜原発3・4号機の運転開始に尽力
・1987年 役場退職後、関電プラント非常勤顧問に
・今年3月 90歳で死去

一言に、高浜町の原発誘致で大きな役割を果たし、関電への影響力が強かった人物

地元では
「天皇」「権力者」「M」と名前すら呼んではいけないような人物らしいです。

吉田開発の顧問を務めるほか、
メンテナンス会社の相談役、警備会社の取締役などを務める重鎮でした。

そんな森山栄治が関西電力に対して
約3.2億円相当の金品などを裏で渡して、
「仕事を地元高浜の会社に発注しなさい」

という風に言っていた可能性があります。

そして、吉田開発の売り上げは、2013年から2018年にかけて6倍以上になったそうです。

その売り上げの一部をまた森山栄治に還元していたと思われます。

スポンサーリンク

関西電力は受け取り拒否をすることができなかったのか?

管理人

受け取り拒否しなかったのはなぜ?

今となって問題になっているのが、関西電力が受け取りを断らなかったこと。

そのことについて、関西電力社長はこのように述べています。

渡されたものを受け取る理由はないと考え、返却を申し出たものの、森山氏から「なぜわしの志であるギフト券を返却しようとするのか」「無礼者 わしを軽く見るなよ」などと激高され、返却を諦めざるを得なかったという状況がありました。

様々な叱責や罵倒に加えまして、家族も含めて身の危険を感じるような森山氏に関する話が伝えられていることが背景としてありました。

また受領した金品をお返ししようとしても、森山氏になかなか受け取っていただけないという状況の中で、なんとかお返ししようと努力を続けていた者もおります。

この過程では、返却した数日後に再度高額な金品が送られてくるといった特異な状況がありました。

ある者は、1年の間に19回返却しておりますが、29回高額な金品が送られたり渡されたりしてございます。

関西電力の言い分としては
「断ったけども、権力者に脅されて断れなかった。。。」

ということでしょう。

スポンサーリンク

関西電力金品受領問題の責任は誰?

管理人

この問題の責任ってだれ?

結局この問題の終着点ってどこなのでしょうか。

正直責任は誰にあるのかも微妙なところです。

今取り上げられている関西電力の場合は、間違いなく受領した役員だと思われます。

公務員の場合、便宜を図る見返りとしてお金を貰うと、それ自体が犯罪になる可能性があります。

しかし、関西電力は民間企業ですので、犯罪として成立するのは極めて少なそうです。

これから関西電力社内の捜査があるかと思いますが、逮捕されるまではないかなぁと思います。

また何か進展があれば情報を追記します。

スポンサーリンク

まとめ

今回は関西電力金品受領問題をわかりやすく解説してみました。

簡単にこの問題をまとめますと、
賄賂を受け取った関西電力が今問題になっているということ。

送った森山栄治は2019年の3月に亡くなっていますから、この問題の真相はわかりません。

これから吉田開発ほか、複数会社へも捜査が入り、事実が明らかになっていくかと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください