Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

対韓国輸出規制|わかりやすく解説!!韓国や海外の反応は??

韓国人の元徴用工らへの損害賠償問題への対抗措置とみられる日本政府の韓国への半導体関連の輸出規制

管理人

ニュースでは話題になっているけど、実際これってどういう意味なのか?

今回は韓国への輸出規制をわかりやすく解決するとともに、この措置に対する韓国や海外の反応をまとめてみることにしました。

スポンサーリンク

韓国輸出規制をわかりやすく解説!!

韓国への輸出規制とは?

日本政府は2019年7月1日に韓国への輸出規制を厳しくするため、半導体材料の審査を厳密にし、安全保障上の友好国の指定も取り消すと発表しました。

具体的に輸出規制を厳しくする商品が
・エッチングガス
・レジスト(感光材)
・フッ化ポリイミド

馴染みのない品目かもしれませんが、これらは半導体の材料となるものです。

韓国製の半導体

韓国企業は使用する日本製の材料の割合は、約93.7%と言われています。

韓国企業は半導体で高いシェアを持っています。

例えば、
・サムスン
・SK

などは半導体の売り上げが世界的にもトップレベルです。

つまり、今回の半導体の材料に規制をかけることによってどのような影響が生じるかわかりやすくまとめると

MEMO
輸出規制によって及ぼす影響
1.輸出するまでの手続きに時間がかかる(約90日)
2.韓国企業の半導体生産に影響がある
3.売り上げがダウンする

スポンサーリンク
      

韓国輸出規制による韓国や海外の反応

輸出規制による韓国や海外の反応は?

日本政府が輸出規制をしたことによって地元韓国や海外はどのような反応をしているのでしょうか??

サムスンLG SKスーパー緊急事態。ムン・ジェインのせいで 全員死んだ

半導体在庫は6ヶ月間積み上がっています。
韓国の半導体産業、この機会に脱日本、材料供給ラインの多様化に!

世界の大手半導体企業の多くは韓国企業なので、輸出が規制されれば日本企業は苦しむだろう。

日本企業は、これがあまりにも長期的になることを望んでいない

年間数千万台の日本車を輸入しているのは韓国だ!
日本製品をボイコットしよう!
日本は絶対に許せない!

韓国政府の対応を非難するコメントは少ないイメージです。

これまで日本の依存していたということでこれを機に「脱日本」を唱える人もいます。

中国の反応

アメリカが悪い例を作ったんだ!

元々、双方は関連する問題についてある種の合意に達しました。

しかし、韓国人は背を向けて、新しいものを押しつけようと思った。

これは韓国にとって良いことだ!

中国はこの(日韓の)関係を見てハッピーです

中国は米中貿易摩擦を反映し、今回の日本のやり方は、トランプを真似たんだと見ているようです。

日韓の争いに高見の見物を決め込んでいる向きもあります。

アメリカの反応

韓国はいい加減その怒り/恨みを手放さなければならない。

我々アメリカ人だって日本人に対しては思うところがあったさ、でも戦争が終わったと同時に我々はそれを捨て去った。

そもそも今生きている日本人のほとんどは1945年当時この世に生まれてもいなかったんだぜ?

私は韓国に行ったことがあるがこのトピックスに関して彼らは非常にセンシティブだ。

正直さっさと乗り越えて前に進んで欲しい。

アメリカは日本・韓国を含むアジアを守るために仕事をしているというのに。

世界が今抱える基本的な問題は協調の概念の欠如だ。

あの国は敵だこの国も敵だと敵という概念をどの国も持とうとしてる。

韓国は前へ進むべきだ。それは75年以上も前のことだ。

歴史のこの悲しい部分はただ忘れるのが賢明だ。

韓国と日本を守るために我々が費やしているものを自覚してほしいものだ。

アメリカ側の意見はとして、
「日本は歴史に執着せず、韓国は歴史を根に持っている」
「徴用工問題をはじめ、過去にとらわれないほうがいい」

なんとなく、日本よりの意見が多いように思えました。

スポンサーリンク
      

7月11日追記

この記事を読んだ方からこういったコメントがきました。

フッ化水素ガス等がイランや北朝鮮へ横流しされている可能性があるのが今回の規制の主要因と考えますが、徴用工問題の仕返しとしたのはなぜですか。

輸出に時間がかかるようになるだけで輸出が禁止されるわけではないのに韓国はどうしてこんなに大騒ぎするのですか。

また、日本の化学会社が輸出に時間がかかることによってうけるダメージはどのようなものでしょうか。

コメントありがとうございます。

恐れながら私見を述べさせていただくと

徴用工問題の仕返しとしたのはなぜですか?
→徴用工問題により、多額の賠償金を日本は支払っています。別の形で韓国に報復できないか?ということでこの輸出規制が行われたと考えられています(もちろん実際はそうではないと思います)。

韓国はどうしてこんなに大騒ぎするのですか?
→この規制が彼らも「報復」と考えているからではないでしょうか??

化学会社が輸出に時間がかかることによってうけるダメージはどのようなものでしょうか?
→時間を要するということから、日本以外の国から製品を輸入する可能性が出てくるからです(売り上げが落ちる)

まとめ

今回は韓国への輸出規制について、わかりやすく解説したのと海外の反応をまとめてみました。

日本国民からすると、
「これまでの韓国の仕打ちにやっと反撃してすっきりした!!」
と言いたいところですが、よくよく考えると韓国だけが打撃を受けるという訳には行きません。

日本の関連企業や世界の半導体関連の経済に悪影響を与える可能性があります。

私の見解としては、この輸出規制が負の連鎖を引き起こせば、日韓関係はますます泥沼にはまってしまいそうで怖いです。

「ここのところがわかりにくかった」
など、意見がありましたらコメントください。

また、今回の輸出規制のきっかけとなったとも言われる「徴用工問題」についても理解しておくといいと思いますよ!

関連記事:サルでもわかる『徴用工問題』をわかりやすく解説!今後の日韓関係は?

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

3 COMMENTS

石坂 直恵

フッ化水素ガス等がイランや北朝鮮へ横流しされている可能性があるのが今回の規制の主要因と考えますが、徴用工問題の仕返しとしたのはなぜですか。
輸出に時間がかかるようになるだけで輸出が禁止されるわけではないのに韓国はどうしてこんなに大騒ぎするのですか。
また、日本の化学会社が輸出に時間がかかることによってうけるダメージはどのようなものでしょうか。

返信する
田宮 浩

韓国の徴用工問題への対応をG20前に韓国が打診してきたものは、以前の慰安婦問題の解決で日韓が合意したスキームの焼き直しであり、(それを韓国が一方的に反故しているため)日本政府はこれを受け入れられないものであると応じました。
ですので、この問題で日本がどうカウンターをとってくるかを、韓国では関心が高まっていたせいで、本来関係がないにも関わらず(日本政府もそうコメントしています)条件反射的に結びつけてしまったのでしょう。
また、日本のマスコミもこの問題に安易に結び付けてしまい、こうしたことが双方で輻輳して事態が大きくなってしまった感があります。(例として、朝日新聞など社説でこれに準ずるコメントしていますが、勘違いも甚だしい。しっかりしてください。)
そこで、そのG20の後に、日本政府が輸出規制を発表をしたため、日本政府は徴用工問題との関係を否定しても、韓国は政府もマスコミも国民の多くの方も素直に受け取れらず、徴用工問題と結びつけてしまったのだと思われます。
特に、輸出規制の実態を理解していない日本を含むマスコミが「規制強化」と「禁止」を混同したり、早い段階に情報として流れたために誤解が拡大しています。
今回の記事でもそうですが、注文ごとに申請をする煩瑣な手続きをとらなくてはならない問題は残りますが、個々の申請に的確な情報提供をしたうえで正当な輸出であると審査がされるならば、通常の貿易が可能であり、貿易業務そのものに本来影響を与えるものではないはずです。また、理由なく輸出を阻害するならば、輸出企業はそれをもって日本政府を訴えることもできるはずです。
しかし、日韓のマスコミではそうした実務に関する現場の取材はせず、思い込みで記事を書いているきらいがあり、これが「禁輸」や「業績へ影響」、ひいては「韓国経済へのダメージ」など誇大な影響を与えているように見えます。
あくまで貿易の実務的な問題なのであり、是非、関係者、特に日本のマスコミには冷静かつ丁寧に事態を把握していただき、問題の本質を明らかにしていただきたい。いたずらに日韓両国の関係を悪化させるようなことはさけていただきたいと思います。
また、韓国は米国、国連など、本来本案件と関係のないところへ話を持ち込み筋違いな動きをしていますが、日本政府はリスクマネジメントの観点から、韓国だけでなくこうした他の海外の機関へも、事態の内容が理解できるように情報発信をすべきだと思います。

返信する
ポッキー

とても分かりやすい記事ありがとうございました。
この記事でこれからの動きに、興味を持ちました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください