Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東京五輪|聖火ランナーの応募方法や申込み資格!当選倍率は?

2020年の東京五輪に向けて、日々五輪関連のニュースが舞い込んできます。

最近では各都道府県の聖火リレーのルートも発表されました。アスリートや有名人以外に一般の人でも走れるとのことです。

今回の記事では、
・聖火ランナーの応募方法
・聖火ランナーになるための当選倍率
・聖火ランナーの申し込み資格

についてまとめてみることにしました。

スポンサーリンク

・聖火ランナーの応募方法は?

聖火ランナーの応募方法は?

聖火ランナーの募集の枠には次のようなものがあります。

・国際オリンピック委員会からの推薦
・公式スポンサーの一般募集
・各都道府県など地元自治体の一般募集

私たち一般人が聖火ランナーとして走るためには、「公式スポンサーの一般募集」と「各都道府県などの地方自治体による一般募集」で当選して走ることができます。

ちなみに公式スポンサーは日本コカ・コーラ、トヨタ自動車、日本生命、NTTの4社にそれぞれ応募可能ですので、公式スポンサー4社と地方自治体の応募の計5回チャンスがあります。

地方自治体への応募時期は各都道府県別に異なっていますが(ほとんどが7月1日)、公式スポンサーが応募をかける日程は

コカコーラ→6月17日
トヨタ自動車→6月24日
日本生命→6月24日
NTT→6月24日

となっております。

・聖火ランナーの応募資格は?

応募資格についてですが、過去の事例からいくと

・いずれの期間でも参加可能なこと
・1kmを約6分で走れること
・年齢・性別・国籍は問わない(18歳未満の場合は保護者の同意が必要)

とありました。

ただ、詳しく述べると、地方自治体によっても募集資格が違ってくるみたいで、とある自治体だと「走行距離は200m」「2020年4月1日時点で中学生以上」といった制限があるようです。

そのような条件が加えられると、別に1kmを6分で走る必要もなければ、年齢に制限があるといった緩くなる条件もあれば、厳しくなる条件もあります。

逆に応募ができない条件も一応あって、

・政治的・宗教的メッセージを伝えることを目的とする人
・国会議員などの公職選挙法に規定する公職に就く人

これらに該当する方は応募ができないようです。

スポンサーリンク

      

・聖火ランナーの当選倍率は?

聖火ランナーの当選倍率は?

「せっかくの機会だから、聖火ランナーとして走りたい」と思っている人はあなただけではありません。おそらく日本中の人が資格を満たしていれば間違いなく応募するでしょう。

そこで気になるのが当選倍率

過去の様々な倍率をみてみると
・東京マラソンの募集定員は38,000人でエントリー抽選倍率は12.1倍
・長野五輪では最初の47人の募集で170倍

東京マラソンだけでも当選するのに難しいのに、五輪の聖火ランナーはなおさらです。長野五輪では170倍にも達しています。今回の東京五輪だとおそらく
200〜300倍くらいに達するのではないでしょうか??もちろん地方自治体の応募状況にもよるかと思いますが、平均して200倍くらいは行くのではないかなと思います。

・高倍率から当選して聖火ランナーになるには??

なんとしてでも高倍率の中から当選してみたいですよね!!どうやったら聖火ランナーになれるのか調べてみました。

募集要項を見てみると、

「復興・不屈の精神(支えあう心)」
「違いを認めあう包容力(認めあう心)」
「祝祭による一体感(高めあう心)」

募集要項にはこれらの基本的な考え方とっており、希望者はこれに沿った熱意のアピールを文書などで提出することになります。

ということはですよ?

熱意のこもったアピール文書を誰よりも熱意を持って提出することになります。

なんとも素晴らしい精神論ですが、応募するハードルを設けて、少しでも熱意を持った応募者が集まるような工夫を組織側もしているのでしょうね。

熱意を持って聖火ランナーを応募してみませんか?

スポンサーリンク
      

・聖火ランナーまとめ

今回は、2020年に行われる東京五輪の聖火ランナーの募集方法や応募資格、当選倍率などについてまとめてみました。

聖火ランナーに選ばれるのは、かなりの難関ということを感じたかもしれませんが、熱意を持ってアピールすれば当選するかもしれません。せっかく日本で開催され、聖火ランナーになるチャンスが少しでもあるのであれば、一般応募にチャレンジしてみてもいいと思いますよ!!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください