Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

渡辺恒雄(ナベツネ)死亡の真偽とは?死因やこれまでの経歴を調査!

日本野球界の重鎮でである、
ナベツネこと渡辺恒雄さんが亡くなったという情報が入ってきました。
公式発表はされていないものの、8割本当の話なのではないかと
話題になっております。

今回の記事では
・死亡説の真偽
・死因は何?
・ナベツネさんのこれまでの経歴

などについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

・ナベツネ死亡の発信元

ナベツネの死亡説を最初に流した方はこの方

菅野完のメルマガで第一報が流れたとされています
参考:菅野完デジタル&リアルコンテンツ

メルマガ一報から本人のツイートを見ていくと

この一報が出てから世間は大騒ぎとなっております

速報で流れるレベルの報道だが
第一報から時間が経っている理由として

安倍内閣総理大臣が現在海外にいるため
帰国するまで報道はしない

という噂もあります

まずはこの死亡説に関して
公式の発表が限り真偽はわかりませんが
この菅野完さんがおっしゃっているように
8割の確率で亡くなっているかもしれません

・考えられる死因について

まだ亡くなったという報道をしてないうちに
死因について言及するのもおかしな話ですが

仮に亡くなったのであれば死因は何か気になるところ

一つ考えられるものとして
先日首を骨折したことが原因ではないかと考えられます

自宅で酒を飲んで転んで首を骨折しました。
すぐに病院の集中治療室に運び込まれたようなのですが
一時は回復に向かっていて一般病室にも移りながらも
容態が急変し、ふたたび集中治療室に入っているという事がありました

渡辺氏は、
同社広報部を通じて
「自宅で転倒し、入院しています。幸い脊髄に損傷はなく、
すでにリハビリを始めています」とのコメントを出した。

 巨人では長嶋終身名誉監督(82)が体調を崩し、
7月初旬に都内の病院に入院。
検査で胆石が見つかったため
入院したまま治療を続けていると発表されたばかり。
ミスタープロ野球と読売グループの総帥が
相次いで入院したことは衝撃的ではある。

引用:https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180823/spo1808230002-n1.html

この頸椎骨折が関係している死因なのではないかと思われます。

頸椎が折れると食事をしたり痰を切る力が衰え
結果的に、痰が肺に詰まる誤嚥性肺炎のリスクが急増するとのこと

度合いの軽重を問わず、
65歳以上で頸椎を損傷すると、
1年以内に28%が亡くなるとの研究結果もあります

スポンサーリンク

・ナベツネのこれまでの経歴

ナベツネこと渡辺恒雄がこれまでどういった功績を残した方なのか
まとめていきたいと思います

職業としては
・新聞記者
・実業家
・株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆
・株式会社読売新聞社社長
・読売ジャイアンツ球団オーナー
・株式会社読売ジャイアンツ取締役最高顧問
・社団法人日本新聞協会会長

と挙げておけばいいでしょうか

自らのことを「俺は最後の独裁者だ」と語ったとされ、
「メディア界のドン」
「政界フィクサー」
「日本野球界の癌」

とも呼ばれています

プロフィールでまとめるとこんな感じになるでしょう

名前:渡辺恒雄(わたなべつねお)
愛称:ナベツネ
生年月日:1926年5月30日
年齢:92歳

年ごとに起きた主な出来事をまとめていくと

1945年
日本共産党に入党

1947年
日本共産党を離党

1950年
読売新聞社に入社

1991年
社長に就任
日本相撲協会の諮問機関横綱審議委員会委員に就任

1996年
読売ジャイアンツのオーナーに就任

1999年
日本新聞協会会長
中央公論新社を設立

2005年
ジャイアンツ取締役会長に就任

2007年
第54回カンヌ国際広告祭でメディアパーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞

2014年
ジャイアンツ取締役最高顧問に就任

2016年
ジャイアンツ取締役最高顧問を辞任
読売新聞グループ本社代表取締役主筆

・まとめ

渡辺恒雄の死亡説の真偽と予想される死因について
まとめて見ました
まだ公式に発表されていないので
果たして本当なのかわかりませんが
何か情報が入り次第追記していきたいと思います

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください