Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大学無償化法とは?わかりやすく解説!対象大学や大学院も受給可能?

大学無償化法が成立し、2020年4月から施行されるようです。

誰でも無償化になれるのかというと
そうでもないらしく、いくつか条件があります。

今回はそんな複雑な大学無償化について
わかりやすく解説していきます。

また、
・無償化になる対象の大学
・大学院進学の場合でも無償化になるのか

についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

・大学無償化法とは?わかりやすく解説

今回の大学無償化法をわかりやすくまとめると
完全無料ではなく一部を国が支援する
という法律です。

これから大学進学予定の人にとって
「よっしゃー、大学の授業料が無料になるぞ」
という簡単な話ではありません。。。

残念ながらいくつか条件があるのでみていきましょう。

・大学無償化になる条件とは??

大学が無償化になる条件とは一体どのようなものなのか

わかる情報をまとめてみました。

大学無償化の概要
・消費税が10%上げた分を大学無償化に充てる
・授業料免税と返済が不要な給付型奨学金の拡充
・開始は2020年4月から
・上限額は国公立大が年間54万円、私立大が同70万円
・給付型奨学金は国公立大の自宅生が年間35万円、私立大に自宅外から通う学生は同91万円

対象家庭
・年収380万円以下の家庭が対象
・住民税が非課税の世帯(世帯年収270万円未満)とそれに準ずる世帯の学生の授業料を無償化
・住民税非課税世帯(年収の目安は270万円未満)は上限の範囲内で全額を支援する。
・年収が270万~300万円未満は非課税世帯の3分の2、300万~380万円未満は3分の1をそれぞれ支援する。
・両親と対象学生とその弟や妹などの4人家族の家庭

学校側の条件
・実務経験のある教員による授業が一定数以上ある
・財務状況や学生の進学・就職状況などを開示
・文部科学省が設ける要件を満たした大学、短期大学、高等専門学校、専門学校が対象

学生側の条件
・高校卒業から2年以内の学生が対象
・退学、停学処分を受けていない

上記の条件をもっとまとめていくと
・年収380万円以下の家庭が対象
・授業料の負担と給付型奨学金の補助
・大学、短期大学、高等専門学校、専門学校も対象となる

ということです。

スポンサーリンク

・授業料はいくらまで免除される??

年収380万円以下の家庭でも
さらに条件を絞って、授業料免除額を設定しています。

年収270万円以下の家庭→全額免除
年収300万円以下の家庭→3/2免除
年収380万円以下の家庭→1/3免除

また、給付型奨学金でも
同じ条件です。

上の表は最大額もらえる給付型奨学金で
家庭の年収によって、2/3、1/3の給付金がもらえるとのことです。

      

・無償化になる対象の大学は?

無償化の対象となる大学は?

やはり気になるのは、
自分が行こうと思っている大学や
自分の子供が行かせたいと思っている大学が
無償化になるかどうかという事

現時点で文部科学省が開示している条件は

文部科学省が設ける要件を満たした
大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の中で、
実務経験のある教員による授業が一定数以上ある、
財務状況や学生の進学・就職状況などを開示した大学

とあります。

具体的な大学名は現時点でありませんが
ほとんどの大学はこの大学無償化法の対象大学になるかと思います。

逆に、上記の条件を満たさない大学を考えてみると
創設されたばかりの学校はもしかしたら無償化できないかもしれませんね。

というのも
教員と授業が一定数あるのかも不確かですし、
まだ卒業してない生徒がいるかもしれませんので、
就職状況などは開示できない可能性があります。

スポンサーリンク
      

・大学無償化法は大学院進学でも対象?

では最後に大学院の進学を考えている場合、
この無償化法は対象になるのかまとめてみたいと思います。

結論から述べると
大学院進学の場合、この無償化は適用されないと考えます。

現時点で大学院についての情報が無かったのでわかりませんが、
あくまで大学・私立大・短大・高専・専門と明記してあることから大学院は対象外なのかもしれません。

大学院は大学在学中で勉強したことを更に応用・研究していく場なので大学卒業資格を援助するのとはまた違うのかもしれません。

今回の無償化法は
あくまで大学に行きたいけど所得的に難しい世帯を対象にしているので、大学院は更に知識を深める別の学校と捕えた方がわかりやすいかもしれません。

・まとめ

今回は2020年に施行される大学無償化法についてまとめてみました。

私のころはそのような制度や法律がなかったので
これから大学進学する方は本当に羨ましいと思いますが
全員が全員受けられる適用される法律ではないし
正直意味はない法律なのでは??と思ってしまうほど。

ただ、まだ具体化されていないのでわかりませんが
あくまで参考までにご覧いただければと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください