長谷川潤が離婚した理由・原因の真相!束縛や夫の浮気性も!?




ハーフタレントの長谷川潤が自分のインスタグラムで離婚を発表しました。

台湾系アメリカ人と結婚し、ハワイで幸せそうに暮らしていることは日本でも有名であり、
私の友人もハワイで長谷川潤とその家族に会って一緒に写真を撮っていて
「本当に幸せな家族だったよ」と言っていたのを思い出します。

今回の報道を受けてかなりびっくりしたのですが
8年の結婚生活にピリオドを打った理由が公開されていませんでした。

今回は過去の発言等をまとめてみて
長谷川潤が今回離婚に至った理由・原因の真相についてまとめてみました。

スポンサーリンク

・長谷川潤が離婚をした理由・原因とは?

長谷川潤が自身のインスタで離婚を発表しました。
今回離婚に至った真相についてまとめてみました。

・長谷川潤と夫との子育てに対する価値観の違い

2017年に放送された「ボクらの時代」に
長谷川潤は夫との関係が不仲になった過去について話していました。

長谷川は夫との関係性について
「子供ができると一回ぐちゃぐちゃになった」
と告白。

子供に対する責任感の割合が夫婦対等なのが当たり前だと思っていたのに、

「実際、フタ開けたら違うってショックだったり(する)」
と素直な気持ちを明かした。

そして、子育てで余裕がなかったのが、最近はちょっと落ち着いてきたといい、2人だけでディナーに行けるようになり、なぜ夫に惚れたのかということが思い出せるようになってきた、と話した。

この内容から読み取れることは
子育てに対する価値観が違うということ

何も、長谷川潤たち夫婦に言えることだけではなく、
他の夫婦にも同じことが言えます。

ただ、これだけのことで離婚するのは正直考えられないです。

スポンサーリンク

・長谷川潤の夫に対する束縛がすごい

同じ「ボクらの時代」で長谷川潤は次のようなことも発言しています。

「全く違うことでぶつかる時期があり、そういう時にたまたま周りにいた人に悪気なく相談から入って、そこで心をちょっと開いて、たまたまその彼女が彼のつらかったときに大丈夫だよっていうところから始まるの!」

と浮気の始まりを解説し、
「そういうところを作らせないこと」
とバッサリ。
夫の周りにいる女性を把握しておく理由を説明する。

長谷川は、夫婦がぶつかったときに、
周囲の人に相談したり、つらいときに慰め合うことから浮気が始まるのだと主張し、
「だから、そういうところをまず、作らないこと!」と声を張り上げた。

MINMIが「女性と仕事しちゃダメぐらいの?」と聞くと、
「まあ、そうね。(女)友だちとかもダメ。ノーガールフレンズ!」「(女友だちと夫が)二人きりで会うとか絶対ありえない!」
と怖い顔をしながら語るなど、嫉妬深い一面を見せていた。

女友達すら浮気のきっかけとなるので
二人きりで会うことすら禁止していた長谷川潤。

夫はハワイでスニーカー販売店などを経営しているのですが
少なくとも女性社員とコミュニケーションをとる機会だって絶対にあります。

長谷川潤が女性と仕事をしていることすら許さなかったのかもしれませんし
夫は考えに考えて、長谷川潤より仕事を選んだのかもしれませんね。

スポンサーリンク

・長谷川潤の夫が浮気性?

長谷川潤の夫が浮気性という情報は現時点でありませんでしたが
仕事上の関わりから女性と何らかの関係を持った可能性があります。

噂レベルでは
「浮気性」と言われていますが、実際に浮気したかはわかりません。
ただ、私の持論として
「夫の浮気・不倫は妻の束縛」が原因である可能性もあります。

夫としては浮気するつもりは一切ないのですが
自分に対する妻の扱いが酷く、他の女性が自分に優しくしてしまうと
男は「妻よりこの女性と一緒に歩んだほうが幸せになれそう」
と思ってしまうかもしれません。

結局束縛ってお互いのためになりませんよね笑

ただ、長谷川潤が束縛が激しいという情報を元に分析してみれば
夫が浮気していた可能性も無きにしも非ですよね

・まとめ

今回は長谷川潤の離婚した理由についてまとめてみました。

過去の発言を元に予想した離婚の真相をまとめると

1.子育てに関する価値観が違う
2.長谷川潤が束縛し、夫が他の女性に優しくされた
3.夫が浮気に走った可能性がある

と勝手に予想してみました。

ただ、本当に浮気をしたか定かではありませんので
あくまで参考までに!!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク




           

あなたのいいねがこの世をよくする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください