Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

岩本大地(石岡一)の出身中学や球歴!球速やドラフト進路が気になる!

2019年の春の高校野球センバツ大会で21世紀枠で出場する
石岡第一高校が注目を集めています。

その中でも、プロのスカウトも注目しているエースの岩本大地選手

今回は岩本選手のプロフィールをはじめ、
・出身中学やこれまでの球歴
・球速などの野球の実力
・ドラフト進路

などについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

・岩本大地選手のプロフィール

岩本大地選手のプロフィール

名前:岩本大地(いわもと だいち)
生年月日:不明
年齢:18歳
出身地:茨城県石岡市
身長:174cm
体重:80kg
投打:右投右打

・岩本大地選手の出身中学はどこ?

岩本選手の出身中学校は石岡市立八郷中学校
中学に進学しても、軟式野球部に所属していました。

甲子園に出る選手は中学の時から
硬式ボールでプレーすることが多いのですが、
岩本選手は中学まで軟式野球部でした。

ちなみに石岡市立八郷中学校と石岡第一高校の距離はこれくらい!!


約10キロくらいの距離で、車で約20分のところにあります。

岩本選手の実家もこの付近にあるのではないでしょうか

・岩本大地選手のこれまでの球歴

小幡小学校2年生の時に軟式野球を始め、
八郷中学校でも軟式野球部で投手を務めていました。

茨城オール県南クラブに所属した時には
全国4強入りを果たしたことも!!

県内外からのお誘いがおそらくあったかと思いますが、
地元の石岡一高に進学

そして
高校1年の春から控えとしてベンチ入りを果たします。

入部早々、主力として活躍しており、

県大会の準々決勝では下館第一高校に6-3で完投勝利

さらに高校1年秋の新チームでは
エースの座を奪い取り、
翌年春の県大会3回戦では、
球速146キロを記録しています。

昨秋の県大会では強豪を次々倒し、
準々決勝では夏の甲子園2年連続出場の
土浦日大戦でも9回12奪三振、
4対2といった完投勝利を果たしています。

次の準決勝で惜しくも敗れましたが
秋の大会が評価され
21世紀枠で2019年のセンバツ甲子園に出場することができました。

スポンサーリンク

・岩本大地選手の球速・球種やプレースタイル

注目が集まっている岩本選手ですが
何がどうすごいのかみていきましょう!!

まずはストレートから!!

ストレートの球速は
MAX147キロ

球種は
・カーブ
・スライダー
・チェンジアップ
・スプリット

と器用に豊富な球種を投げることができるのが特徴でしょう!!

岩本選手の動画を見つけたのでこちらをご覧ください。

ボールの威力は高校生離れしていると思うのですが
コントロールが若干まとまっていない印象ですね。

指にかかった高めのストレートは
かなり速く感じましたが
これを見極められると厳しいのかもしれませんね!!

とは言っても、これはあくまで私個人の意見なので
周囲の意見もまとめてみたいと思います。

・岩本大地選手のドラフト進路が気になる

現時点で、スカウト陣からのコメントはございませんでしたが、
同校の監督を務める川井監督は
「指導者になってから見た中で一番のピッチャー」
と評価しています。

また、SNSの声も拾ってみると

スカウト陣がいまだに目をつけていないとは思えませんが
このセンバツ大会でかなり注目を集めることは間違えありません。

スポンサーリンク

・まとめ

今回は石岡第一の岩本大地選手についてまとめて見ました。

県立高校ながら、なかなかの実力の持ち主で
ダークホース的存在であることは間違いありません、

是非是非注目していってもらえたらなと思います

他にも注目選手についてまとめてみましたので
ご覧ください
関連記事
及川雅貴(横浜高校)は彼女持ち?インスタやツイッターからの情報は?
及川雅貴(横浜高校)は彼女持ち?インスタやツイッターからの情報は?

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください